ゼルダの伝説 風のタクト HD【レビュー】豊富なアクションとアニメ調のグラフィックが魅力的!トゥーンリンク可愛い!




風のタクト タイトル画面

2002年にゲームキューブで発売された「ゼルダの伝説 風のタクト」のHDリメイク作品の感想記事です。

僕が初めてプレイしたゼルダシリーズです!

グラフィックが綺麗になっただけではなく、オリジナル版から様々な調整が加えられました。

「トゥーンリンク(猫目リンク)」が初登場した作品でもありますよ!

作品情報

製品名:ゼルダの伝説 風のタクト HD

対応機種:WiiU、ニンテンドーゲームキューブ(オリジナル版)

ジャンル:アクションアドベンチャー

発売・開発元:任天堂

技術協力:ヘキサドライブ

発売日:2013年9月26日

CERO:A

評価点

アニメ調のグラフィック

リンク 普段着

本作はHDリマスターに定評がある「ヘキサドライブ」が技術協力で参加しているため、今見ても全く見劣りしない美麗なグラフィックに進化しました!

GC版でも十分綺麗なグラフィックでしたが、本作は色彩がオリジナル版よりも明るくなり、海や空がより美しくなりました。

光と影の表現も鮮明になり、空気感も増しています。

 

壁にはりつくリンク

キャラクターのグラフィックはデフォルメが効いていて表情がわかりやすいです。

特に主人公の「リンク」は様々な表情を見せてくれ、アクションの仕草も可愛らしいので愛着が湧きました!

敵キャラのモーションも非常に凝っていて、敵ごとに様々な動きのパターンがあります。

色々な攻撃を試してみると面白い反応が見られるかもしれませんよ!

豊富なアクションとギミック

敵から奪った武器

風のタクトは攻撃方法がとても多彩です。

基本装備の剣だけではなく、弓矢やカギつめロープ、爆弾など様々ですよ!

さらに敵から奪った武器で攻撃することもできるのでアクションの自由度は半端なく高いです!

武器は単なる攻撃の手段ではなく、ダンジョンの仕掛けを解除するためにも使用します。

ダンジョンには様々な仕掛けがあるので、持っている武器や道具を駆使して攻略しましょう!

風のタクト

風のタクト 風の唄

本作は「風のタクト」というアイテムを使って風を自由に操ります。

「風の唄」で風向きを変えることで船の進行方向を決定したり、デクの葉で遠くまで滑空したりできます。

「疾風の唄」を覚えれば風に乗って特定の場所にワープすることもできます。

 

さらに「操りの唄」で石像を操ったり、「昼夜の唄」で昼と夜を逆転させることもできます!

風関係ないよね?

広大な大海原

大海原

風のタクトの世界はとても広大な海に覆われているので、船を使って冒険します!

航海中は敵が出てきたり、ルピーを見つけることもあります。

HD版では「快速の帆」というアイテムが追加されました。

手に入れると船での移動速度と操作性が向上します。

 

タウラ島

島と海はシームレスで行き来できるのでオープンワールドのゲームに近い感覚で冒険できます。

流石に屋内やダンジョンではロードが入りますが、ロード時間は短めなので快適ですよ!

民族音楽風のBGM

デクの葉

本作は民族音楽風のBGMが多いです。

特に「タイトル」、「竜の島」、「森の儀式」、「モルド・ゲイラ」が好みです!

「プロロ島」や「大海原」など、オーケストラ調のBGMも良いですね!

 

HD版では音楽が新たに打ち込み直されています。

劇的に変わったわけではありませんが、オリジナル版と比べてクリアな音色になってます。

豊富な寄り道要素

竜の島 手紙の仕分けアルバイト

幸せのペンダント集め、宝探し、夜のオークション、写し絵の箱、竜の島でのアルバイトなど様々です。

サブクエストでは「ハートのかけら」などの貴重なアイテムを貰えることがあるので積極的にプレイしましょう!

ライフを増やすために必要な「ハートのかけら」は世界各地に散らばっているのでそれを探すのも良いですね!

オリジナル版から色々改善

弓矢 一人称視点

・弓矢とブーメランを使用するときに一人称視点で移動することができます。

FPSのような感覚で遊ぶこともできますね!

 

・船に乗っている時にダメージを受けても爆弾以外では船から落とされなくなりました。

これで海上戦闘のストレスが軽減されましたね!

 

・GC版の問題点だったゲーム後半の「トライフォースのかけら」探しが簡略化され、たらい回し感がなくなりました。

 

・タクトやカギつめロープを使用する時の演出が2回目以降は短縮されるので、テンポ良く遊べるようになりました。

 

・使用頻度の高い一部のアイテムはセットしなくても使用可能になりました。

 

・「写し絵の箱」に保存できる写真の枚数が12枚に増加し、撮った写真がフィギュア化できるかの判別も付くようになりました。



不満点&気になったところ

後半の作りこみ

戦闘シーン

GC版の制作時に納期の関係で後半のダンジョンが2つ削られてしまったのですが、本作にもそのダンジョンは収録されてません。

そのため後半は物足りなく感じました。

削られたダンジョンは後に別のゼルダ作品で使われたらしいのですが、それでも収録して欲しかったです。

船での移動時間が長い

「快速の帆」が追加されたとはいえ、航海中は見ているだけになってしまいます。

ワープポイントをもう少し増やして欲しかったです。

船で冒険するのが本作のポイントなので仕方がない部分ではありますが…。

 

「快速の帆」はサブイベントで入手するため、入手方法を知らなければ船での移動で苦労することでしょう。

まとめ

オープニング

後半の作りこみがイマイチなのは残念ですが、GC版から様々な改善がされているため快適に遊ぶことができます。

ゲームシステムそのものは非常に出来が良いので3Dアクションゲームが好きな方ならプレイして損はありません!

探索好きの方、自由度の高いアクションゲームが好きな方にオススメです!

 

プレイ時間:28時間

個人的評価:A

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!