妖怪ウォッチ4【レビュー】歴代キャラクター勢揃い!初代からのファンも楽しめる良作RPG!

妖怪ウォッチ4

今回は「妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている」の感想を書いていきます。

妖怪ウォッチはアニメ化で大ブレイクし、社会現象を引き起こした人気シリーズです。

現在はブームは落ち着きましたが、今まで本編シリーズを追ってきたので本作も購入しました!

 

あらゆる要素が一新されましたが、過去作から改善された点が多いので良質なRPGとして楽しめますよ!

戦闘システムはアクションとなり、今までよりもゲーム性が上がってます。

グラフィックもよりアニメっぽくなり、没入感がアップ!

ギャグとシリアスが混在したストーリーも楽しめました♪

作品情報

製品名:妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている

対応機種:ニンテンドースイッチ

ジャンル:RPG

発売&開発元:レベルファイブ

発売日:2019年6月20日

CERO:A

評価点

緊張感のあるアクション戦闘

妖怪ウォッチ4 バトル

戦闘システムは妖怪が自動で戦ってくれるシステムからアクション戦闘に変更されました。

キャラクターを直接操れるようになったのでゲーム性アップ!

本作では妖怪だけでなく、人間キャラも操作できますよ!

操作するキャラは戦闘中自由に切り替えられます。

 

妖怪ウォッチ使い(ウォッチャー)

人間キャラ「ウォッチャー」にはそれぞれ個性があります。

  • 味方を強化するのが得意な「ケータ」
  • 味方を回復するのが得意な「フミ」
  • バランスが良い「ナツメ」
  • 鬼の手や憑依召喚でパワーアップできる「トウマ」
  • 幻獣召喚で敵を一掃できる「アキノリ」
  • 便利なスキルが多い「シン」

どのキャラも扱いやすい性能なので、状況に応じて切り替えると有利に戦えるでしょう!

 

「妖怪ウォッチは子ども向けのゲームだから難易度は低いんでしょ?」

そう思っている方もいると思いますが、本作の敵はなかなか強めに設定されてます。

油断するとあっさりやられてしまうでしょう。

ある程度の歯ごたえを求める方も楽しめますよ!

パワーアップしたグラフィック

ナツメ 妖怪召喚シーン

妖怪ウォッチ4ではよりアニメに近いグラフィックに進化しました!

キャラクターグラフィックの等身が上がったので、イベントシーンではアニメを見ているような感覚を味わえましたよ!

ムービーシーンのクオリティも高いので、物語に引き込まれてしまうでしょう!

同じレベルファイブ作品の「二ノ国II」で培った技術が活かされていると感じました。

 

さくらぎヒルズ

マップもキャラクターに合わせてスケールアップ!

未来や妖魔界の街は特に作り込まれているので、探索するのが楽しかったです。

視点変更も自由にできるようになったので、没入感がアップしましたよ♪

相変わらず良質なBGM

音楽アプリ

良曲揃いな妖怪ウォッチシリーズですが、本作も気に入ったBGMが多いです♪

耳に残りやすいBGMが多いので、音楽アプリで聴けるようにするためにミュージックカードを集めたくなるでしょう!

サントラが発売されたら購入したいです!

 

戦闘BGMの種類が多いのも魅力ですね。

特に過去の世界の通常戦闘BGMは緊張感があってお気に入り♪

ラスボス戦の曲もかなり熱くなれました!

「vs つよい妖怪」や「vs 和風な妖怪」のように過去作品のボス戦BGMが聴けたのも嬉しかったです!

4つの世界を行き来するストーリー

妖怪探偵団

妖怪ウォッチ4では、「現代」「未来」「過去」「妖魔界」を行き来して物語を進めます。

今までのアニメの主人公たちが「妖怪探偵団」としてチームを組み、様々なトラブルを解決するのが本作のストーリーです。

どの主人公たちも魅力的なキャラなので、アニメ作品を追ってきた人はより楽しむことができるでしょう!

僕はケータ君が主人公のアニメしか見たことがないのですが、それでも問題なく楽しめましたけどね!

 

6人の妖怪ウォッチ使いたちはどのキャラもしっかりと見せ場があり、成長が描かれています。

終盤の展開は主人公たちの絆の強さを感じられたので胸が熱くなりましたよ!

 

冒頭のシーン

今までのようなギャグシーンも多いのですが、過去作品よりもシリアス度が増したストーリーだと感じました。

敵キャラもコミカルさがあった今までのボス妖怪と比べると、格好良い外見の妖怪が多くなりましたからね。

過去作品をプレイしていた当時は小学生だったファンの方もきっと楽しめるでしょう!

過去作品から改善された要素

魂カツ相談所

過去作品では目当ての妖怪と友達になるのが大変でした。

戦闘後にランダムに友達になってくれるのですが、確率が低い上に複数の妖怪とバトルした時は目当てでない妖怪が友達になりたがることもありましたからね。

本作では「こんカツ」というシステムに一新!

バトルで敵妖怪を倒すと「こんすい」状態になることがあり、その状態では「こん」を吸い取ることができます。

妖怪のを集めることで、友達妖怪を紹介して貰えるんです。

こんすい状態になる確率はスキルを手に入れればそこそこ高くなりますし、1回の戦闘で複数の妖怪から吸い取れるところは過去作よりも改善されたと感じました。

イベントで友達になってくれる妖怪が多いのも嬉しいポイント!

ただし、魂カツに関してはまだ問題点も…。

 

過去作品ではダッシュでスタミナゲージを消費しましたが、本作では非戦闘時はスタミナを消費しなくなりました。

自転車を手に入れれば、かなりの速さで移動できますよ!

 

うんがい鏡

「うんがい鏡」(ワープゾーン)も過去作品より便利になりました!

3では終盤のサブクエストで手に入った、どこからでもワープできるようになる便利アイテム「ポケットうんがい鏡」。

本作ではうんがい鏡と同時に利用できるようになるのでとても便利!

別の世界への移動も簡単にできますよ♪

豊富な収集要素

ミツマタマーク

後述のように廃止された要素も多い本作ですが、それでも収集要素がいくつか存在します。

ミツマタマーク、トレジャー写真、音楽集めなどです。

コンプリートを目指してやりこむのもいいでしょう!



不満点&気になったところ

過去作品から廃止された要素が多い

アッカンベーカリー

妖怪ウォッチ4は進化した部分も多いのですが、廃止されてしまった要素もたくさんあります。

 

マップはスケールアップした反面、入れる場所が少なくなりました。

前作まではほとんどのお店に入ることができたのですが、本作ではヨロズマート以外のお店には入れません。

他の食べ物屋さんは外で販売しているのです。

雨の日に外で販売するパン屋さんには違和感を覚えました(汗)

 

また、現代のマップはさくら住宅街とおおもり山の一部のエリアしか行けなくなりました。

初代から行けたエリアに入れなくなったのは寂しいですね…。

 

前作までは釣りや虫取り、自転車レースなどミニゲームが豊富に存在したのですが、本作では全く存在しません。

せめて初代からある釣りと虫取りは欲しかったです。

 

スケールアップしたグラフィックで3並みの作り込みを実現するのは難しかったのだとは思います。

戦闘システムも一新されたので、そちらに開発リソースを注いだのでしょう。

妖怪の数が少なくなった

ウキウキペディア コマさん

3では600体以上存在した妖怪ですが、本作では100体ほどに削られてしまいました(泣)

ただ、本作ではアクション戦闘に変更され、妖怪も直接操作できるようになったので、全ての妖怪を実装するのは難しかったのでしょう。

HD作品となったことで妖怪1体あたりの容量も増えましたからね。

色違いの妖怪が少なくなったので、水増し感がなくなった点は良いと思います。

妖怪と友達になるのがまだ面倒

魂カツ マッチング

妖怪と友達になるシステムは魂カツによって改善された部分もありますが、正直それでも面倒に感じてしまいました。

ランクの低い妖怪でも金の魂、赤の魂、白の魂の3種類を集めなければなりませんからね。

低ランク妖怪はもっと少ない魂で友達にできれば良かったと思います。

まとめ

妖怪ウォッチ4 オープニングムービー

難易度のバランスが良いアクション戦闘やシリアスさが増したストーリーはとても楽しめました!

今までのアニメ作品の主人公たちが勢揃いなところは、妖怪ウォッチファンには嬉しい要素ですね!

 

過去作品から廃止された要素や妖怪の種類の減少など気になった点もあります。

しかし、アップデートやDLCでボリュームアップすると公式ページで発表されているのでまだまだ楽しめそうですね!

今後の展開にも期待させて頂きますよ!

 

RPGとしての質は全体的に高水準だと感じました!

アクション戦闘が好きな方、妖怪集めが好きな方、ギャグシーンが嫌いでない方なら楽しめるでしょう♪

 

プレイ時間:25時間

個人的評価:A

 

関連記事

妖怪ウォッチ【レビュー】

妖怪ウォッチ2 元祖・本家【レビュー】

妖怪ウォッチ3 スシ・テンプラ【レビュー】

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!