ゼノブレイドクロス プレイ日記014 終末までのカウントダウン




今回は重大な設定が明かされるのでネタバレ注意です!!

 

前回までのあらすじ

・惑星ミラは翻訳機内蔵
・マ・ノン人の喋り方イイネ!
・全滅しまくるも対空兵器の破壊に成功!

グロウスの対空兵器 破壊完了!

前回の続きです。
対空兵器を全て破壊したので、マ・ノン人と会った場所に戻ります。

 

マ・ノンの民

マ・ノン人を救出!

マ・ノン人の所へ戻ると誰もいませんでした。
遠くで爆発が起こっているのでそちらに向かいます!

到着するとマ・ノン人たちはドールに乗ったグロウス兵たちに襲われていました。
マ・ノン人を無理やり従わせるつもりみたいです!

グロウスに襲われるマ・ノン人

マ・ノン人を助けるために奴らと戦います!
思っていたよりは強かったけど、前回のオーバードのロボの方が強かったです。

 

衝撃の事実

戦闘が終わり、安心したタツはあきら達のもとへ駆けてきます。
しかし、敵のドールは動ける奴がまだ一機残っていました!

敵はビームでタツを攻撃してきたので、あきらはタツをかばいます!

タツをかばうあきら(主人公)

 

あきらもタツも思いっきり吹っ飛ばされます!

敵のドールはエルマさんが倒してくれましたが、あきらはビームで大ダメージを受けてしまいました。
腕が切断され、地面にはあきらのが…。

あれ、なんか血の色おかしくない?

ロボットの体!?

!?

何だこの身体は!?

あきらはロボットだったのか!?

エルマ「あなたもしかして、自分の身体がB.B.だという記憶まで無くしていたの?」

エルマさんはあきらが機械の身体であることを知っていたみたいです。
切断面からは青い液体が流れ出ています。
非常に危険な状態らしいのでリンちゃんによって眠らされます。

 

目覚め

NLAのB.B.メンテナンスセンターで目が覚めました。
腕も元通りです。

エルマさんたちがやってきました。

謝罪するエルマさん

この身体は人工生体ブルー・ブラッド(B.B.)というものらしいです。
あきらだけではなく、白鯨のクルー全員がB.B.だそうです。

B.B.は人間の全ての生理機能を再現しており、違和感なく生活ができるため気付かなかったのでしょう。
でも、任務とかでケガをしたときに血が青かったら気付くのでは…。

居住可能な惑星を見つけるまでどのくらい年数が掛かるか分からなかったのでこの身体が開発されたようです。
生身の肉体はライフで眠っており、そこから遠隔操作でB.B.を動かしているようです。
謎の技術ですね…。

B.B.を失ってしまうと、まだ見つかっていないセントラルライフで再設定しなければならないため、簡単に蘇ることはできないとエルマさんに警告されました。
全滅しまくってるけど…。

ブレイドタワーのカウントダウン

ブレイドタワーのあのカウントダウンはライフのエネルギー残量を表しているとエルマさんに告げられました。
このカウントが0%になる前にライフを見つけなければ、NLAの住民全てが死に絶えてしまうので、一刻も早く探す必要があります!

 

新たなNLAの住民

マ・ノン人たちもNLAで暮らすことになりました。
彼らは原因不明の航行トラブルに巻き込まれてこの星にたどり着いたそうです。

新たなNLAの住民 マ・ノン人

マ・ノン人はNLAのためにその技術を提供してくれるそうです。
とても友好的な種族ですね!

 

彼らの宇宙船がやってきます。

マ・ノン人の宇宙船

NLAの上空に留まります。
この状態でもエネルギーは消費しないのでしょうか?
凄い技術力です!
でも日照権大丈夫かな?

 

オーバークロックギアが使えるようになりました!
これを上手く使えば強敵でも瞬殺することができます!
あとBGMがカッコいい!

 

今回はここまでです!
次回はキズナクエストをやります。

XenobladeX (ゼノブレイドクロス)
XenobladeX Original Soundtrack 澤野弘之
ゼノブレイドクロス ザ・シークレットファイル アート・オブ・ミラ

 

前回:ゼノブレイドクロス プレイ日記013 マ・ノン人との出会いと惑星ミラの謎
次回:ゼノブレイドクロス プレイ日記015 耐えろ、パスファインダー!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!