ゼノブレイドクロス プレイ日記010 天才メカニック少女リンちゃん13歳!

前回までのあらすじ

・ヴァンダム司令の優雅な仕事っぷり
・そしてパシられるあきら達
・平和なNLA

 

今回もキズナクエストをやります!
ストーリーを進める条件のイリーナさんのキズナクエストにしようかと思いましたが、リンちゃんのクエストにします。

 

リンとエルマ

リンちゃんはご飯の準備をしていますが、なんだか元気がないようです。
どうやら工業エリアのエネルギー供給システムに不具合があったようです。

以前リンちゃんが修復したみたいですが、また異常が発生したようです。
損失率はまだ安全係数以下ですが、リンちゃんのメカニックとしてのプライドが許さないようです。

エルマさんはこれを任務として引き受け、再点検に向かうことになりました。
タツのごはんは任務完了までお預けです(笑)

リンとエルマ

 

信頼関係

現場に到着!
早速リンちゃんがシステムの点検を行います。
作業をしている時のリンちゃんはとても楽しそうです!

楽しそうなリンちゃん

 

リンちゃんが言うのだからこの区画の設備には必ず問題があるはずとの事です。
エルマさんはリンちゃんをとても信頼しているようです。

リンちゃんを信頼しているエルマさん

問題が特定できたようです。
惑星ミラの素材を使って生産したパーツが地球製のものに比べて精度が低いことが原因のようです。

流星の谷に行けば白鯨の残骸が落ちているので使えるパーツがあるかもしれません。
タツのご飯のためにも早速向かいます!
ご飯食べてから行った方が良いのでは…?

 

流星の谷でパーツを見つけて戻ってきました。
早速付け替えて異常が無くなりましたが、リンちゃんはまだ納得がいかないみたいです。

交換したパーツは消耗品なので、いずれはまた劣化してしまいます。
やはり中途半端で任務を終わらせてはいけませんよね!

NLAで精度の高いパーツを作りたい

惑星ミラにある素材でパーツを作れるようにするためには三種類の材料が必要です。
どれもミラでは入手が難しい素材のようです。

それでもリンちゃんは今後のためにも探しに行くべきだと主張します。
タツのご飯はまた後まわしになりました(笑)

 

素材探し

三種類の素材を探しに行きます。
そのうちの一種類はすでに必要な個数を持っていました。
残り二種類を探します。

 

まずは以前タツが捕まっていたバイアス人の基地にいる小型ロボから「エネルギーチューブ」を入手します。

ベルデからエネルギーチューブを入手

全然落とさねぇ!!

何度もスキップトラベルで敵の配置をリセットしてようやく必要個数を入手しました。
報酬チケット使えばよかったかな?

 

もう一種類は忘却の渓谷に落ちている「航行デフレクター」を入手します。
これは渓谷入口をうろついていたらあっさり集まりました!

 

任務完了!

必要な素材を集めたので現場に戻ります。
これで精度の高いパーツが生産できるようになりました!
苦労した甲斐があったなぁ…。

クエスト完了!

 

タツもようやくご飯を食べることができます!
リンちゃんがごちそうを作ってくれるそうです。
よかったね!

リンちゃんは天才メカニックで料理も上手で戦闘までこなせる(しかも盾役!)なんて有能すぎますよね!
とても13歳とは思えません!!

やっとご飯が食べられるタツ

 

今回はここまでです。
次回はイリーナさんのキズナクエストを進めます!

XenobladeX (ゼノブレイドクロス)
XenobladeX Original Soundtrack 澤野弘之
ゼノブレイドクロス ザ・シークレットファイル アート・オブ・ミラ

 

前回:ゼノブレイドクロス プレイ日記009 ヴァンダム司令の優雅な一日
次回:ゼノブレイドクロス プレイ日記011 イリーナさんの休日(出勤)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!