ゼノブレイド【サントラレビュー】バラエティ豊かなサウンドが楽しめるゲーム音楽ファン必聴のアルバム!

今回は傑作RPG「ゼノブレイド」のサントラをレビューします!

ゼノブレイドの音楽はとても高く評価されてます!

このサントラを聴けば、広大なフィールドでの冒険や熱いバトル、感動的なイベントシーンを思い出すことができるでしょう♪

ゲームをプレイしてなくても、ゲーム音楽好きの方には是非聴いて頂きたいです!

(実はゲームよりも先にサントラを買いました。当時はWii持ってなかったので…。)

製品情報

製品名:Xenoblade Original Soundtrack

作曲者:下村陽子、ACE+(工藤ともり&CHiCO+平松建治)、清田愛未、光田康典

発売日:2010年6月23日

レーベル:DOG EAR RECORDS

ディスク枚数:4

曲数:91

非常にハイクオリティな楽曲たち!

ゼノブレイドの音楽はとてもクオリティが高く、名曲揃いです!

複数の作曲家が参加されてますが、総監督の高橋哲哉さんによる厳しいディレクションのおかげで幻想的な世界観にマッチした曲ばかりですよ!

 

下村陽子さんはメインテーマや最初の大剣の渓谷でのイベントシーン、コロニー9、巨神界通常戦闘曲などを担当されました。

他の作曲家と比べると曲数は少なめですが、その分どの曲もクオリティが高いです!

弦楽器を使用した曲が多いので、ゼノブレイドのファンタジー感あふれる世界観にピッタリな曲ばかりですよ!

タイトル画面の演出とマッチした「メインテーマ」が特にお気に入りです♪

戦闘BGMはACE+の曲が人気ですが、下村さんが作曲された「戦闘!」や「引けない戦い」も戦闘の緊張感を感じられる名曲ですよ!

 

ACE+の方々は戦闘曲やフィールド曲、イベント曲など、様々な曲を担当されました。

非常にバラエティ豊かな楽曲でプレイヤーを魅了し、ゲーム音楽ファンの間にACE+の名を轟かせたのは凄いです!

(期間限定の作曲ユニットですが。)

フィールド曲は、マップの広大さを表現した「ガウル平原」や、機神界の異質さを表現した「機神界フィールド」が特に気に入ってます!

戦闘BGMはハードロック調の曲が多く、どの曲も非常に熱いですよ!!

 

清田愛未さんは、フィールド曲やイベント曲を多く担当されていて、癒やされる曲やコーラス曲が多いのが特徴です。

彼女自身が歌うコーラスは神秘的な雰囲気を感じられました♪

特に「燐光の地ザトール / 夜」は幻想的なザトール夜の風景と神秘的なコーラスがマッチしていて特にお気に入りです!

「巨神の目覚め」のように緊張感のあるコーラス曲も印象に残っています。



好きな曲ベスト10!

10位

引けない戦い

作曲:下村陽子 弦アレンジ:成田勤

 

「突っ込めイノシシ!」のシーンで使用されるムービー用のBGMで、この曲のまま戦闘に突入します。

(曲が終わると「行く手を阻む者」に切り替わります。)

小刻みな弦楽器の演奏が印象的で、スピード感のあるムービーシーンにマッチしていると感じました!

一回しか使用されないのが実に勿体無い名曲です!

ループ仕様にして、重要なボス戦などで使用して頂きたかったです。

9位

機神界フィールド

作曲:ACE+

 

機神界で流れるBGMです。

シンセサイザー中心のエレクトロな曲調が、機械だらけの機神界フィールドにとてもマッチしていると感じました!

機神界フィールドは超巨大なダンジョンと言っても良いくらい複雑な地形をしており、攻略には時間がかかるので特に耳に残るでしょう!

8位

ガウル平原

作曲:ACE+

 

巨神脚の明るい時間帯に流れるBGMです。

軽快なヴァイオリンの演奏とアコースティックギター、パーカッションのリズムが心地よいです♪

狭い渓谷を抜け、広大なガウル平原に到達すると同時に爽やかな曲調のこの曲が流れた時の感動は今でも記憶に新しいです!

7位

ザンザ

作曲:清田愛未

 

ラスボス1戦目、2戦目のBGMです。

清田さんが手がけた唯一の戦闘BGMですが、ラスボス戦なだけあってとても荘厳な曲調です。

神秘的なコーラスとエレキギターの演奏が、ラスボスの強大さと戦闘の緊張感を表現してますよ!

軽快なピアノ部分は、ラスボスの余裕を感じられました!

6位

Beyond the Sky

作曲:光田康典 ヴォーカル:サラ・オレイン

 

ゼノブレイドのエンディングテーマであり、ゼノギアスやゼノサーガEP1の音楽を担当した光田康典さんが作曲されました。

サラ・オレインさんの透き通った歌声が、長かった旅の疲れを癒やしてくれますよ♪

エンディングの内容も相まってとても感動しました!

 

欲を言えば、他のゼノシリーズ作品のようにエンディング曲のフレーズを使用したBGMをいくつか作曲して頂きたかったです。

(ゼノギアスの「遠い約束」やゼノサーガEP1の「Shion」など。)

5位

燐光の地ザトール / 夜

作曲:清田愛未

 

その名の通り、燐光の地ザトールの夜の時間帯に流れるBGMです。

幻想的なザトール夜の風景と、清田さんによるコーラスによってとても癒やされました♪

名曲揃いなゼノブレイドのフィールド曲の中でも特にお気に入りです!

4位

敵との対峙

作曲:ACE+

 

ボス戦前のイベントシーンなどで使用される曲です。

エレキギターで敵と対峙している時の緊張感を表現し、サビのヴァイオリンでムービーを盛り上げてくれます!

何回か使用されますが、どのシーンも非常にマッチしているので、曲に合わせてムービーを作っているのではないかと思いました!

ゼノブレイドはムービーの戦闘シーンの出来が非常に良いので熱くなれますよ!

3位

メインテーマ

作曲:下村陽子 弦アレンジ:成田勤

 

タイトル画面で流れるBGMです。

最初は優しいピアノの演奏から始まりますが、徐々に弦楽器の演奏が壮大になっていきます。

タイトル画面が曲に合わせて昼から夕方、夜に変化していく演出が実に見事!

 

あるイベントシーンでも使用されます。

本編で流れるのは1回だけだった記憶がありますが、非常に重要なイベントで使用されるのでとても印象に残りました!

2位

機の律動

作曲:ACE+

 

機神界の通常戦闘BGMです。

通常戦闘とは思えないほど激しいロック調BGMで、聴いていると敵の本陣に乗り込んだ時の興奮が蘇ります!

個人的に数あるRPGの通常戦闘BGMの中でも上位に入る名曲です♪

終盤はあまり聴く機会が無いのが少し残念。

落ちた腕にもう少し強力なザコ敵がいれば、レベル上げで聴けたかもしれませんが…。

1位

名を冠する者たち

作曲:ACE+

 

1位はやはりこの曲!

ユニークモンスター戦のBGMです。

ハードロック調でテンション上げてくれますよ!

 

ダンジョンを歩いていたらいきなりインパクトのあるイントロと共にユニークモンスターが現れたのはトラウマです(汗)

最初はピンチを表現するような緊張感のある曲調ですが、途中から逆転の希望を感じさせる勇ましい曲調へと変化していくところもこの曲の魅力です!

 

重要なボス戦で使用されることもあります。

ストーリーが特に盛り上がっているところでこの曲が流れるので、テンション上がりまくりでした!

まとめ

ゼノブレイドには複数の作曲家が参加されているので、とてもバラエティ豊かなサウンドが楽しめます!

神秘的なコーラス曲、熱いハードロック調BGM、それぞれの場所にマッチしたフィールドBGMなど様々です。

ゲームをプレイした方なら、サントラが欲しくなることは間違いないでしょう!

 

ファンタジーRPGが好きな方にこそオススメのサントラです!

 

関連記事

ゼノブレイドクロス【サントラレビュー】

ゼノブレイド2【サントラレビュー】

 

ゼノブレイド【レビュー】

 



ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!