ゼノブレイド2【レビュー】天の聖杯を巡る壮大なストーリー!何もかもが熱いスイッチの超傑作RPG!

タイトル画面

前作同様独特な世界観が魅力のRPG「ゼノブレイド2」の感想を書いていきます!

巨神獣と呼ばれる生物の上で生きる人々の物語を描いた作品です。

非常にクオリティの高い傑作RPGですよ!

 

前作のゼノブレイドをプレイしていなくても充分楽しめるようになっているので、2から入っても問題ありません。

しかし、前作を知っていればニヤリとできる要素が少しだけあるので、出来れば前作もプレイすることをオススメします!

どちらもかなりのボリュームがある作品なので両方プレイするのはなかなか大変ですけどね(汗)

作品情報

製品名:ゼノブレイド2

対応機種:ニンテンドースイッチ

ジャンル:RPG

発売元:任天堂

開発元:モノリスソフト

発売日:2017年12月1日

CERO:C

評価点

笑いあり、涙ありのストーリー

レックスとホムラ

サルベージャーの少年レックスと天の聖杯の少女ホムラが「楽園」を目指して旅をするストーリーです。

序盤から様々な伏線が張られており、意味深なセリフや過去に起きた出来事の回想シーンが多かったので続きが気になって一度に何時間もプレイしてしまいました!

熱い展開や泣ける展開もありますよ!

 

「ドライバー」となる人間と亜種生命体「ブレイド」の絆が本作のテーマです。

各ドライバーとブレイドの関係が丁寧に描かれているところも本作の魅力ですよ!

 

ジーク

中盤まではコメディ要素が強いシーンがいくつかあります。

ギャグシーンは下ネタもあったりするので好みが分かれそうですが、シリアス一辺倒にならずに適度に笑わせてくれるところも魅力ですね!

まさに「笑いあり、涙あり」のストーリーです!

アニメ調のグラフィック

ニアとビャッコ

ゼノブレイド2のグラフィックはゼノシリーズの中でも特にアニメ色の強いキャラクターモデリングです。

とても表情豊かで、時にはコミカルな表情も見せてくれます!

本作は様々なイラストレーターがキャラクターデザインを手がけており、どのキャラのモデリングもイラストを忠実に再現していますよ!

 

ハラペッコ食堂 トラとハナ

もちろん、ゼノシリーズで毎回評価の高い背景のグラフィックも非常に気合が入ってます!

本作の背景もゼノブレイドやゼノブレイドクロスに負けないくらいの美しさだと感じました!

迫力満点のムービーシーン

1話 ムービーシーン

ゼノシリーズはストーリー重視のシリーズなので、本作もムービーが多めです。

ムービーの多さは好みが分かれるところですが、ゼノブレイド2のアクションシーンは非常に気合が入っているので見ていて爽快でした!

特に1話ラストのムービーはレックスとホムラの激熱なバトルシーンと、シンやメツの意味深なセリフで物語に一気に引き込まれました!!

 

本作にはイベントシアターがあるので、一度見たムービーを観賞することができます。

シアターでは天候や昼夜を選択できるところも魅力ですね!

独特な「アルスト」の世界観

巨神獣

雲海に覆われた世界「アルスト」がゼノブレイド2の舞台です。

人々は「巨神獣(アルス)」と呼ばれる巨大生物の上で暮らしております。

前作にも劣らない独特な世界観ですね!

巨神獣によって風景が異なるので、様々な世界を冒険できます。

 

グーラ領

序盤のマップである「グーラ領」では、前作の巨神脚(ガウル平原)のように自然豊かな風景を楽しめます。

BGMもガウル平原を思い出す曲調でテンション上がりますよ!

この国にある「トリゴの街」もなかなか広くて作り込まれてます!

 

インヴィディア烈王国

「インヴィディア烈王国」では幻想的な風景を楽しむことができます。

カラフルな木々が美しいです!

アルストの中でも特に癒やされる風景ですよ♪

 

スペルビア帝国

「スペルビア帝国」は巨神獣の寿命が近いため、荒廃した世界です。

他の国と比べると機械文明が発達しています。

ある場所ではコアクリスタルを手に入れるためにカニが乱獲されているとか…。

 

ルクスリア王国

「ルクスリア王国」の巨神獣は体温が低いため、雪国です。

「王都テオスアウレ」などの建築物は歴史を感じさせてくれます。

アルストの中でも特に高低差が激しいマップなので、落下に注意!

魅力的なキャラクター

レックス

主人公「レックス」は正義感の強い正統派主人公です。

ヒロインのホムラを守るために戦う姿は好感が持てました!

あることがきっかけでホムラと出会い、「天の聖杯のドライバー」という特別な存在となりましたが、決して強すぎるキャラではありません。

旅の途中で何度も苦悩し、仲間達と支えあうことでそれを乗り越えていくところが彼の魅力です!

 

彼は幼い見た目ですが、社会人でもあります。

故郷に仕送りをするためにサルベージャーとして仕事をしているところも好感が持てるポイントですね!

 

ホムラ

ヒロインのホムラとヒカリも魅力的ですよ!

「ホムラ」は落ち着いた雰囲気の少女ですが、1話ではとても派手なバトルシーンで天の聖杯としての強さを見せてくれました!

ブレイドとしての強さはもちろん、料理が特技なところも家庭的で好感が持てます!

 

ヒカリ

ホムラのもうひとつの姿である「ヒカリ」は登場時はキツめの性格に感じましたが、優しさを感じられるシーンも多いので好きになれました!

時には可愛い一面も見せてくれます。

強力なバトルスキルを持っているので戦闘では大活躍ですよ!

 

2話 ムービーシーン

仲間キャラも男勝りな性格の少女「ニア」、ノポン族のメカニック少年「トラ」、厨二病の「ジーク」など魅力的なキャラばかりですよ!

パーティの仲が良いところも本作の魅力です!

 

シン

秘密結社「イーラ」のキャラクターはFFシリーズの野村哲也さんがデザインを手がけてます。

どのキャラも野村さんらしいクールなデザインでカッコいいです!

イーラのキャラはどのキャラも良い意味で癖があるので敵ながら憎めません!

彼らが戦う理由とは…。

ハイクオリティすぎるBGM

ホムラ

ゼノブレイド2の音楽は初代ゼノブレイドのスタッフが担当しています。

(下村陽子さんは残念ながら不参加です。)

大勢の演奏者が参加しているため、どの曲も非常にハイクオリティですよ!

個人的に今までプレイしたゲームの中でもトップクラスです!

 

聴く頻度が高いフィールド曲や戦闘曲は特に名曲揃いです!

「戦闘!!」や「Exploration」は序盤の通常戦闘曲とは思えないほど熱い曲ですよ♪

 

光田康典さん作曲のメインテーマ「Elysium, in the Blue Sky」は様々な曲にフレーズが使われているので特に印象に残るでしょう!

特にタイトル画面で流れるピアノアレンジの「在りし日のふたり」が好きです!

 

ムービーの戦闘シーンで流れる「Counterattack」は前作の「敵との対峙」を思い出す曲調です。

ムービーとのシンクロ具合が半端無い名曲ですよ!

挿入歌の「Drifting Soul」もムービーを盛り上げてくれます!

 

ある街で流れるBGMは、アイルランドのコーラスグループ「ANÚNA(アヌーナ)」による合唱曲です。

街のBGMとは思えないほど豪華で神聖な雰囲気の曲ですよ!

僕は曲を聴くためにずっと街の中を歩き回っておりました♪

ゼノシリーズと言ったらやはり神聖なコーラス曲ですね!

コンボが重要な戦闘システム

バトルシーン

ゼノブレイド2の戦闘システムは前作のようにシームレスで行われます。

本作では「ドライバーアーツ」を使用するためには、オートで発動する通常攻撃を繰り返してゲージを溜める必要があります。

そのため、今まで以上に通常攻撃の重要度が高めです。

 

本作の戦闘システムは、前に出て戦う「ドライバー」とサポートキャラである「ブレイド」が協力して戦うのが特徴です。

ブレイドはドライバー1人につき3体までエンゲージ(セット)することができます。

ブレイドは攻撃・防御・回復の3タイプがあるので、状況に応じて切り替えて有利に戦いましょう!

ブレイドのタイプの組み合わせによってステータスに補正がかかるので、あえて攻撃タイプのブレイドだけエンゲージさせるのも一つの手です。

その方が攻撃力が高くなりますからね!

 

ホムラ スチームエクスプロード

ドライバーアーツを何回か使用すると、「必殺技」を発動できるようになります。

必殺技を特定のルートで発動することで「ブレイドコンボ」が成立します。

 

例えば必殺技を

火レベル1以上水レベル2以上(スチームボム)火レベル3以上(スチームエクスプロード)

のように繋げればコンボが成立します!

コンボのルートは必殺技を使えば画面右上に表示されるので、それを見ながら繋げてみましょう!

 

制限時間内にコンボを繋げる必要があるので、仲間に指示を出して必殺技を使ってもらう必要があります。

仲間が必殺技を使える時は、画面右と左に表示されます。

(表示されたアイコンの周りをグルグル回っている白い玉の数が、発動できる必殺技のレベルです。)

 

3段階目まで繋げると「ブレイドコンボフィニッシュ」となり大ダメージを与えられ、更にコンボフィニッシュの技によって追加効果が発生します。

(スチームエクスプロードなら「自爆封印」)

ブレイドコンボをしっかりと覚えれば戦闘を有利に進められますよ!

 

ゼノブレイド2の戦闘は難易度が高めですが、現在はアップデートでイージーモードが追加されたのでストーリーだけ楽しみたい方も安心です♪

より歯ごたえを求める方のための高難易度モードも追加されたので、腕に自信のある方は挑戦してみて下さい!

探索要素

採集ポイント

ゼノブレイドシリーズの特徴である探索要素は本作でも健在ですよ!

フィールドのあらゆるところに採集ポイントがあり、調べるとアイテムを入手できます。

採集系のスキルを持っているブレイドをエンゲージしておくと、よりたくさんのアイテムを手に入れられますよ!

集めたアイテムはブレイドを強化するためのコアチップ作成やサブクエストなどで使用します。

 

秘境・絶景ポイントを探すのも面白いですよ!

本編で寄らないような分かりにくい場所に存在します。

本作のマップもとても美しいので絶景を探したいという気持ちになりました!

 

サルベージ

ゼノブレイド2では「サルベージ」という新要素が追加されました。

レックスが雲海に潜ってアイテムを探してきてくれます。

潜る時には表示された円のところで指定されたボタンを押すボタンチャレンジがあり、3回とも成功させれば良いアイテムが手に入りやすくなります。

お金やアイテムがたくさん手に入るので金欠時は特に役立ちますよ!

 

時にはモンスターを連れてきてしまうことがあるので、戦闘の準備は忘れないようにしましょう!

これを利用してある場所でカニ狩りを行えば、大量のコアクリスタルを手に入れることもできますよ!

ブレイド同調とレアブレイド

ブレイド同調

戦闘でキャラをサポートしてくれる「ブレイド」はコアクリスタルというアイテムから生まれます。

どのブレイドが生まれるかはランダムで、同調する際は強制的にセーブされます。

スマホゲームのガチャのようなシステムですね!

(コアクリスタルはゲーム内で手に入るので課金要素はありません)

 

レアブレイド トキハ

ブレイド同調を繰り返していると、「レアブレイド」という貴重なブレイドが生まれることがあります。

レアブレイドのデザインは様々なイラストレーターが担当しているので、どのキャラも個性的なデザインです!

その分出現率は低いですが、引き当てることができれば強力な戦力になってくれますよ!

 

ライコのクエスト

レアブレイドのクエストも存在します。

フルボイスのムービーが流れるのは驚きました!

ゼノブレイド2はボイスにかなり容量を使ってそうですね(汗)

 

コモンブレイド

レアではない「コモンブレイド」は一見ハズレに見えるかもしれませんが、所持スキルなどはランダムなので、運が良ければ強力なコモンブレイドを手に入れることができます。

ある意味レアブレイドですね(笑)

快適なゲームプレイ

リベラリタス島嶼群

巨神獣の中は一部を除いてシームレスです。

一度訪れたランドマークならいつでもスキップトラベル(ワープ)できるので快適に移動ができます。

他の巨神獣に移動する際はロードが発生しますが、ロード時間はマップが広大なゲームとしては短いと感じました!

 

名を冠する者の墓

ユニークモンスターは一度倒すと「名を冠する者の墓」が建てられます。

調べるとすぐに再戦できるので、経験値稼ぎやコアクリスタル稼ぎがはかどりますよ♪

アップデートでの改善・追加コンテンツ

ハナ

発売当初はミニマップが見づらかったり、スキップトラベル時のマップ選択がやや面倒だという問題点がありましたが、アップデートで改善されました。

 

トラのブレイドであるハナを強化するためのミニゲーム「TIGER! TIGER!」は難易度がかなり高くて僕はステージ1すらクリアできませんでした(汗)

現在はイージーモードが追加されたので大分遊びやすくなりましたよ!

それでも結構難しいですが…。

 

ゲーム本編にもイージーモードが追加されました。

難易度が高いゲームが苦手な方でもゼノブレイド2の壮大なストーリーを楽しむことができますよ!

 

追加コンテンツを遊ぶことができる「エキスパンション・パス」も販売されております。

追加クエスト、追加レアブレイド、新ストーリーなど、3000円とは思えないほどのボリュームがあります!

ただでさえボリューム満点のゼノブレイド2がさらにボリュームアップしてしまいますよ!



不満点&気になったところ

ストーリー進行を阻害するフィールドスキル

フィールドスキル

ゼノブレイドクロスでも問題点だと感じた「フィールドスキル」が本作でも続投されてます。

特定のスキルを持っていないと先に進むことができません。

ストーリー進行中にフィールドスキルのレベルが足りない場合は、スキップトラベルで一旦過去のマップに戻ってフィールドスキルレベルを上げなければならないので没入感が削がれてしまいます。

 

おまけにフィールドスキルはブレイドとエンゲージしていないと発動しません。

採集系のスキル以外はエンゲージしていなくても発動して欲しかったです。

取っ付き難い複雑なシステム

チェインアタック

ゼノブレイド2のシステムはなかなか複雑です!

僕は最初の頃、全然理解出来てませんでした(汗)

メニュー画面で見ることができるチュートリアルが欲しかったですね。

僕は「ブレイドコンボ」の繋げ方を理解できるようになったのは3話の後半辺りです(汗)

「チェインアタック」の強力さに気付いたのは7話辺りです。

(前作にもあったのに…。)

 

キズナリングでのブレイドの強化、ブレイドの組み合わせによって得られるクラス効果、ブレイド同調の排出率に影響するイデアなど、戦闘以外にも覚えることがたくさんあります。

複雑なシステムのゲームが苦手な方にはやや敷居が高い作品です。

システムが複雑な分、理解できればハマること間違いなしですよ!

作業感のあるブレイドの育成

キズナリング

ブレイドは信頼度を上げたり、技を一定回数使用する、特定のポーチアイテムを使用する等の条件を満たすことで「キズナリング」上のスキルを習得することができます。

ブレイドによって条件が異なり、特にレアブレイドは面倒な条件を持つキャラが多いので大変です。

 

ナナコオリフラジオレット

特に「ナナコオリ」のキズナリング開放は非常に作業感が強いです!

専用の傭兵団任務を何回も何回も繰り返して、3種類のスタンプをそれぞれ約90個ほど集めなくてはならないので正直苦行でした(泣)

 

しかし、ナナコオリの傭兵団任務は1回の時間が短いので、他のブレイドを育てるのに役立つメリットもあります。

ナナコオリの育成は大変ですが、彼女はとても強力な回復系ブレイドなので育てる価値はありますよ!

携帯モード時の画質が悪い

トリゴの街 携帯モード

このスクリーンショットは携帯モードで撮影したものです。

ゼノブレイド2は携帯モードでプレイすると画質がかなり粗くなります。

キャラがアップになっているような場面ではそれほど問題ないのですが、カメラを引いている状態では結構気になりました。

本作はキャラのモデリングや独特で広大なマップのグラフィックに力を入れている分、高画質にすると処理落ちがひどくなってしまうのかもしれません。

できることならTVモードでプレイして頂きたい作品です!

服装チェンジ廃止(エキスパンション・パスで改善)

ホムラのフード姿

前作ゼノブレイドやゼノブレイドクロスでは、装備で服装を細かくチェンジすることができました。

しかし、本作では服装が固定です。

イベントで一時的に服装が変わることはありますが、自由に変えることはできません。

ゼノクロレベルで細かく変えられなくても良いので、本作でも服装チェンジは欲しかったです。

 

エキスパンション・パスを購入してチャレンジバトルを行うことで、服装を変更するためのアイテムを手に入れられるようになりました!

画像のポンチョ姿のホムラも再現できますよ!

 

ほとんどは普段の服装の色違いではありますが、それでも新鮮な気持ちでプレイできるでしょう!

できれば、違う服装も見てみたいですけどね!

水着が追加されました!

モノリスソフトさん、ありがとう!!

まとめ

レックス

ゼノブレイド2は個人的に今までプレイしたRPGの中でも最高クラスの作品です!

キャラ、ストーリー、バトル、音楽、世界観全てが素晴らしいです!!

高評価な初代ゼノブレイド以上に満足することができました!

 

複雑なシステム、アニメ調の露出度高めなキャラクターデザイン、コミカルなギャグシーンなど好みが分かれそうなところもあります。

そういった要素に抵抗が無い方なら間違いなく楽しめますよ!

 

エキスパンション・パスを購入することで、さらにボリュームアップさせることもできます!

追加レアブレイドやチャレンジバトル、新シナリオ「黄金の国イーラ」など、本作を楽しめた方にとって嬉しい要素が満載なので要チェックですよ!

長く遊べるところもゼノブレイド2の魅力です!

 

プレイ時間:200時間

個人的評価:S

 

関連記事

ゼノブレイド2 黄金の国イーラ【レビュー】

ゼノブレイド2のエキスパンション・パスを購入する7つのメリット!

 

ゼノブレイド【レビュー】

ゼノブレイドクロス【レビュー】

 

ゼノサーガ エピソードI 【レビュー】

ゼノサーガ エピソードIII【レビュー】

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!