テイルズ オブ アライズ【レビュー】支配からの解放を描いた物語が魅力の名作RPG!

テイルズオブアライズ タイトル画面

こんにちは、雪月あきら(@snowmoon0328)です。

今回は『テイルズ オブ アライズ』の感想を書きました。

前作『ベルセリア』から5年経っているだけあって、様々な部分が進化!

特に絵画調のグラフィックは美しすぎて感動すら覚えました!

シリーズ通して定評のある戦闘も大迫力の演出で爽快感抜群!

奴隷解放を目指すストーリーにも注目です。

 

僕はPS4版をプレイしました。

PS4版でも快適性に問題はありません。

難易度は3番目の国の途中まではセカンド、5番目の国の途中まではノーマル、それ以降はストーリー(最低難度)を選択しました。

 

どんなゲーム?
  • 仲間との連携が重要なアクションバトル
  • 奴隷解放を目指すストーリー
  • シリーズの中でも高難度



作品情報

製品名:テイルズ オブ アライズ

対応機種:

  • プレイステーション4
  • プレイステーション5
  • Xbox One
  • Xbox Series X/S
  • Windows(Steam)

※赤字は筆者がプレイしたバージョン

 

ジャンル:RPG

発売元:バンダイナムコエンターテインメント

開発元:バンダイナムコスタジオ

発売日:2021年9月9日

CERO:A

評価点

爽快なアクション戦闘

通常戦闘

アライズの戦闘は超爽快!!

それでいて歯応えある難易度なので緊張感を得られました。

本作では仲間との連携が戦闘を有利に進めるために重要ですよ!

ブーストアタックという各キャラ固有の攻撃があり、敵の特性によって使い分ける必要があるんです。

 

シオンのブーストアタック

例えば

  • 飛んでいる敵はシオンのブーストアタックでダウン
  • 硬い敵はロウのブーストアタックでダウン
  • 詠唱中の敵はリンウェルのブーストアタックでダウン

といったように、上手く使い分けることでダウンを狙えるんです!

ブーストアタックを使うと技を出すのに必要なアーツゲージ(AG)も回復するので、ヒット数を稼ぎたい時にも便利!

 

キサラのブーストストライク

さらに敵を連続で攻撃し続けることで、仲間と連携してブーストストライクという一撃必殺技を放つことが可能!

これが秘奥義並みに演出が派手で超気持ちいいんですよ!

周りの敵にも大ダメージを与えられるので、積極的に狙っていくと有利に戦えます。

 

これらにより戦略性と爽快感、そして仲間と協力して戦っている感が過去作以上に増していると感じました!

油絵風の美麗なグラフィック

メナンシア

アライズはグラフィックも美麗!

前作であるベルセリアから大幅に進化しましたよ!

 

本作では「アトモスシェーダー」という技術が使用されており、油絵のような絵画調グラフィックが特徴です。

これによって背景のグラフィックがとても美しく見えました!

特に自然豊かなメナンシアは美しすぎて見惚れてしまいましたよ♪

 

キャラのグラフィックも表情の変化が細かく描かれていますよ!

服や鎧の質感はリアルになりつつも、アニメ調のキャラと違和感なくマッチしています。

リアルタイムムービーの殺陣もかなりの迫力!

桜庭統さんの音楽

フクロウ

音楽はシリーズおなじみの桜庭統さんが担当されました。

アライズのBGMは歴代最高レベルで気合が入ってますよ!

なぜなら、今までのテイルズオブシリーズでは打ち込みの曲が多かったのですが、本作では生演奏になったから!

東京フィルハーモニー交響楽団によるオーケストラ曲やBarzzによるコーラス曲など、豪華な音色で壮大な物語を盛り上げてくれますよ!

もちろんテイルズオブシリーズらしいロック調の戦闘BGMも存在します。

ヴァイオリンが主旋律の通常戦闘曲が特にお気に入り♪

魅力的なキャラクター

アルフェンと仲間達

キャラクターの描写も一人ひとり丁寧に描かれています。

主人公のアルフェンは仲間想いで好感の持てる主人公ですし、ヒロインのシオンもクールな性格と食いしんぼうなところのギャップが気に入りました!

他にも

  • 明るい性格だがレナ人への憎しみを抱えたリンウェル
  • 真っ直ぐな性格だが父親のことで悩むロウ
  • 真面目な女騎士であり実は釣り好きのキサラ
  • 高貴な雰囲気を醸し出しているが空気が読めないテュオハリム

といったようにどのキャラも二面性を抱えているところが人間らしくて魅力的に感じました!

中盤まではダナ人とレナ人の確執によりパーティがギスギスした雰囲気になることもありますが、旅を経て絆が芽生えていくところが本作の見どころです。

 

重めのストーリーではありますが、度々発生するチャットではいつものテイルズらしいノリの会話もあります。

適度にギャグシーンが挿入されるので、暗い気持ちにならずにプレイできました!

支配からの解放を目指すストーリー

鉄仮面を着けたアルフェン

アライズではダナという世界とレナという世界が存在します。

ダナはレナ人によって支配されており、ダナの人々は奴隷として働かされているんです。

レナ人の領将を倒し、奴隷解放を目指すのが本作の目的。

人種による確執が何度も描かれますが、同じ人種同士の争いも描かれます。

支配する側とされる側の問題を描いたストーリーは王道ながら見どころ満載ですよ!

 

また、主人公アルフェンの謎にも注目です。

彼は記憶と痛覚を失っており、外れない鉄仮面を装着していました。

そんな彼の謎が気になって一気に物語を進めたくなりましたよ!

触ると激痛が走る呪いを受けたシオンとの絆にも注目です!

作り込まれた釣りゲーム

釣りをするキサラ

本作ではキサラが正式に加入してからは釣りを楽しむことができます。

これがまたミニゲームとして良く作り込まれているんですよ!

リズムゲームのようにテンポよく特定のボタンを押して魚を引き寄せ、食いついてからは表示されたボタンを素早く押すことで魚の体力が削れ、釣り上げることができます。

良い釣り竿が手に入るまではなかなか難しいのですが、その分熱くなれました!

PS4版でもロード時間は問題なし!

ヴィスキント

本作は美麗なグラフィックでそこそこ広めのマップの割にはロードが短めです。

PS4版はロードが長くなるのではないかと不安に思ってましたが杞憂でした。

おそらくはPS4にしっかりと最適化されているのでしょう。

 

ファストトラベル機能も序盤から使えるので、一度訪れたマップに瞬時に移動することができますよ!

後述の問題点もありますけどね。



不満点&気になったところ

ライトゲーマーにはキツめの難易度調整

ガナベルト戦

アライズはノーマルモードでも難しい!

テイルズオブシリーズは今まで万人向けの難易度調整でしたが、本作はコアゲーマー向けになっていると感じました。

その理由が回復の制限がキツいこと!

本作ではキュアポイント(CP)というパーティ全員で共有するポイントが存在し、回復技はこれを消費して使用します。

このポイントは宿屋などの回復ポイントかオレンジグミなどのアイテムで回復可能なのですが、ダンジョン攻略中は気軽にアイテムを使うことはできません。

 

何故なら本作では回復アイテムがとても高価だから!

アップルグミは500ガルドですし、オレンジグミはなんと3000ガルド!

そのため回復アイテムの購入だけで所持金がなくなってしまうことも…。

 

不満というよりは注意点として挙げさせていただきました。

どうしても勝てない場合は最も低い難易度「ストーリー」に切り替えるのも手ですよ!

(僕は後半で切り替えました)

ボスが硬すぎる

ボス戦

アライズはザコ戦はとても楽しいのですが、ボス戦は正直あまり楽しめませんでした。

本作のボスはHPが異常に多いのです。

なかなかHPが減らないので集中力が切れてしまうことが多々ありました。

 

攻撃をしても退け反らない敵も多く、コンボを決めようとしても反撃を受けてしまいます。

ボスの技はどれも高威力で攻撃も激しいので、どのボスも回復アイテムを使い果たすレベルで苦戦しました。

毎回全力を出さなければ勝てないので疲れてしまうんですよ。

おまけに後半辺りからはボスクラスの敵がザコとして登場することも…。

戦闘システム自体は素晴らしいのに、このせいで後半の戦闘は正直しんどかったです(汗)

 

最も低い難易度にすれば大分楽になりますけどね。

しかし、難易度を下げることに抵抗がある人は辛い戦いを強いられることでしょう。

ファストトラベルの仕様

ファストトラベル 使用不可

本作はファストトラベルがあることは良いのですが、使えないことが多いのが残念。

道中にイベントがあるわけでもないのにファストトラベルが使えなくなるのは不便でした。

いつでも使えるようにしていただきたかったです。

まとめ

テイルズオブアライズ キービジュアル
こんな人にオススメ!
  • 爽快かつ緊張感のあるバトルを楽しみたい
  • 重めのストーリーが好き
  • 歯応えのあるゲームを求めている
こんな人には合わないかも…。
  • 難しいゲームが苦手(でも難易度は下げたくない)
  • 重いストーリーが苦手

『テイルズ オブ アライズ』は過去作から映像や音楽など、様々な面が進化した名作です!

爽快感と緊張感を両立させたバトルシステムはとても楽しめました!

シリーズの中でも難しいほうですが、低難度モードもあるので安心です。

奴隷解放を目指すストーリーは種族の確執など重い部分もありますが、それゆえに見どころ満載で最後まで引き込まれました!

RPG好きの方には是非プレイしていただきたいです!

 

プレイ時間:47時間

個人的評価:A

 

関連記事

グレイセスのOPムービー

テイルズ オブ グレイセス エフ【レビュー】最高のバトルシステムと仲間達の絆が魅力の傑作RPG!

アニメムービー

テイルズ オブ ベルセリア【レビュー】容赦の無い展開に引き込まれるシリーズ異色作!

 



ABOUTこの記事をかいた人

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!