ポケモン ピカブイ【レビュー】Switchで進化した懐かしの初代ポケモンワールド!




ポケモン ピカブイ タイトル画面

今回は「ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ」(ピカブイ)の感想を書いていきますよ!

ピカブイは二度目の初代ポケモン(正確には「ピカチュウバージョン」)のリメイク作品です。

ポケモン捕獲システムがポケモンGoに近くなっているのが本作の特徴です!

ニンテンドースイッチのソフトなのでグラフィックも前作と比べてかなり綺麗になりました!

 

僕は「Let’s Go! ピカチュウ」をプレイしました。

初代ポケモンは「赤」「ピカチュウ」と、GBAのリメイク作品「ファイアレッド」もプレイしたことがあります。

特にゲームボーイ時代のピカチュウバージョンは小学生の頃に大ハマリしましたよ!

作品情報

製品名:ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ

対応機種:ニンテンドースイッチ

ジャンル:RPG

発売元:株式会社ポケモン

開発元:ゲームフリーク

発売日:2018年11月16日

CERO:A

評価点

ポケモンGoをベースとした捕獲システム

ポッポ

ポケモンの捕獲は今までと違い、スマホゲーム「ポケモンGo」に近い捕獲システムが採用されています!

本作は基本的に野生ポケモンとはバトルしません。

(伝説のポケモンなど一部はバトルしてから捕獲モードに入ります。)

バトルが無いのでテンポ良く進められますよ!

 

TVモードではJoy-Conを振ってボールを投げ、携帯モードではジャイロ操作(本体を傾けることで画面も動く機能)で狙いをつけてAボタンでボールを投げます。

個人的には携帯モードの方がやりやすかったです!

 

厳選したガーディ(4V)

同じポケモンを何度も連続で捕まえているとコンボボーナスが発生!

これがまた中毒性があるんですよ!

コンボを繋げていくことで色違いや高個体値のポケモンが出やすくなります。

僕は高個体値の「ガーディ」や「ナゾノクサ」を狙って何度も捕まえまくりましたよ!

更にレアなポケモンも出現しやすくなるので、積極的にコンボを狙っていきましょう!

美しいグラフィック

主人公とピカチュウ

ピカブイは据置機作品ということで、グラフィックがサン・ムーンよりかなり綺麗になってます!

ポケモンのグラフィックはサン・ムーンのモデルをHD化して流用しており、モーションも一部を除いて基本的に同じです。

光源処理なども追加されているとはいえ、HD化しただけでこんなに綺麗になるとは!

3DS時代の頃からポケモンのグラフィックのモデリングは丁寧に作られていたんですね♪

 

重要なイベントシーンでは画面にエフェクトがかかって更に綺麗になります!

特に伝説のポケモンとの対峙シーンはかなり迫力がありますよ!

オーケストラ調にアレンジされた懐かしのBGM

ピカチュウ

本作は初代のリメイク作品なので、BGMも初代の曲をオーケストラ調にアレンジして使用しています。

どの曲もイメージを壊すようなアレンジではなく、アニメ版のBGMに近いアレンジになっているので初代ファンも納得でしょう!

初代のBGMはどの曲も印象に残っているので懐かしく感じました!

バトルのBGMはどれも好きです♪

ライバルキャラとの友情

主人公とライバル

本作の主人公とライバルは「レッド」と「グリーン」ではなく新キャラです。

ライバルはとても性格が良いキャラで、主人公にアイテムをくれたりロケット団と一緒に戦ったりと友情が描かれています!

もちろんライバルなので何度も戦うことになりますけどね。

戦うたびに強敵へと成長していきますよ!

 

初代のライバル「グリーン」のように強気な性格のライバルも良いですが、友達としてのライバルも良いですよね!

相棒ポケモンとの触れ合い

ピカチュウとの触れ合い

ピカブイは相棒ポケモンと触れ合うことができます。

撫でてあげると喜んでくれるのでとても可愛いです♪

サン・ムーンのポケリフレに近いですね。

 

本作は相棒ポケモンのみ着せ替えができます。

主人公も着せ替えできるので、おそろいの服装にもできますよ!

更に相棒ポケモンにはアクセサリーも付けられますし、髪型を変えることもできます。

自分だけの相棒を作りましょう!

育成しやすい環境

経験値取得

本作はバトルだけでなくポケモンを捕まえることでも経験値が入ります。

(サン・ムーンでも入ってましたが)

パーティ全員に経験値が入るので、サクサクと進められますよ!

 

能力の基礎ポイント(努力値)はポケモンを捕まえると手に入るアメを使って上げるようになり、本作では各ステータスごとに最大200まで上げられます。(合計1200)

今までと比べるととても解りやすくなったので、アメで努力値を上げるシステムは次回作以降も続投させて頂きたいです!

ただ、どのステータスに努力値を振り分けるのかを考える楽しみもありますから、次回作では合計510までに戻した方が良いでしょう。

 

前述の通り同じポケモンを連続で捕まえると高個体値のポケモンが出やすくなりますし、ある場所で占ってもらえば好みの性格のポケモンが出現するようになります。

育成のしやすさはシリーズの中でもトップクラスなのではないでしょうか?

優れたゲームバランス

ばちばちアクセル

ピカブイはゲームバランスもなかなか良好です!

相棒のピカチュウとイーブイは進化させられませんが今までと比べると種族値が上昇していますし、非常に強力な専用技を覚えます。

更に個体値は6V(全能力が最高クラス)確定なのでとても強い!

最後まで活躍できる強さになりましたよ!

 

序盤は相棒ポケモンが強いおかげでジム戦も楽勝です。

しかし、中盤辺りからはジムリーダーもなかなか手強くなっていきます!

相棒無双にならないところが良いですね!



不満点&気になったところ

Joy-Conでの操作に癖がある

Joy-Con

TVモードではJoy-Con1本でプレイします。

ボールを投げる時はJoy-Conを振って投げるのですが、これがなかなか難しく感じました。

ポケモンが横に移動したらJoy-Conを傾けて振らなければならないのですが、カメラを動かせないのでなかなか当てづらいです。

Joy-Conにもジャイロ操作機能があれば…。

 

携帯モードならジャイロ操作や左スティックでカメラを動かせるので狙いがつけやすいです。

快適にプレイしたい方は携帯モードでのプレイをオススメします!

過去作品から廃止された要素が多い

ウィンディ

ピカブイは過去作品から廃止された要素が多いです。

スロットマシーンで遊べなくなったのは残念なポイント。

しかし現在だと規制が厳しくなっているので、お子様もプレイするゲームでギャンブル的な要素であるスロットマシーンを入れるのは難しかったのかもしれません。

 

バトル関連では、ポケモンの特性が無くなりました。

特性によってポケモンに個性が出ていたので廃止しないで頂きたかったです。

 

自転車が廃止されたのが最も残念なポイント。

本作は速く移動したい場合はウィンディかペルシアンをパーティに入れてボールから出す必要があります。

快適に移動するためにはパーティが一枠固定されてしまうのです。

オマケに人やアイテムなどに近付くと勝手に降りてしまいます。

サン・ムーンのポケモンライドではポケモンに乗ったまま人に話しかけられたので、同じような仕様にしてほしかったです。

まとめ

ピカチュウ

僕は小学生の頃初代ポケモンにハマりまくっていたので、とても懐かしい気持ちでプレイすることができました!

主人公とライバルは別のキャラになりましたが、ライバルはとても好感が持てるキャラなので良いアレンジです♪

グラフィックや音楽も豪華になってますよ!

初代ファンには特にオススメのリメイク作品です!

 

ポケモンGoに近い捕獲システムは最初聞いた時は戸惑いましたが、プレイしてみるとなかなか快適だと感じました。

アメでの努力値強化は解りやすいので次回作でも採用して頂きたい程です!

(多分今回だけだとは思いますが…。)

 

本作は過去作品にあった要素がいくつか廃止されてしまいましたが、ポケモンの特性などは次回作で復活するでしょう。

パワーアップしたポケモン次回作が楽しみです!

 

プレイ時間:25時間

個人的評価:B

 

関連記事

ポケモンピカブイを携帯モードでプレイする4つのメリット!操作が快適に!

ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ【サントラレビュー】

 

ポケットモンスター サン・ムーン【レビュー】

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!