ポケモンレジェンズ アルセウス【レビュー】広大なヒスイ地方の探索が楽しい新世代のポケモン!

ポケモンレジェンズアルセウス タイトル画面

こんにちは、雪月あきら(@snowmoon0328)です。

あなたは

「ポケモンがオープンワールドゲームになったら面白そうだな!」

と思ったことはありませんか?

広大なフィールドでポケモンを捕まえられたら絶対楽しいですよね!

それを実現させたのが『ポケモンレジェンズ アルセウス

厳密には複数のエリアがあるセミオープンワールド形式ではあるものの、どのエリアもとても広大で楽しく探索できました!

そんなポケモンレジェンズの感想を書いていきます。

 

本作の舞台はヒスイ地方。

後に『ダイヤモンド・パール』(ダイパ)でシンオウ地方と呼ばれるところです。

そのためダイパの登場人物の先祖と思われるキャラが登場したり、アレンジBGMが流れたりとファンサービス満載!

ダイパをプレイした方ならより楽しめること間違いなしですよ!

もちろん単体でも楽しめますけどね。

(僕はダイパは未プレイです)

 

どんなゲーム?
  • セミオープンワールドのマップを探索できる
  • アクション性の高い捕獲システム
  • 過去のシンオウ地方である「ヒスイ地方」が舞台



作品情報

製品名:ポケモンレジェンズ アルセウス

対応機種:ニンテンドースイッチ

ジャンル:アクションRPG

発売元:株式会社ポケモン

開発元:ゲームフリーク

発売日:2022年1月28日

CERO:A

評価点

広大なオープンワールド

黒曜の原野

ポケモンレジェンズのマップはとても広大!

『ソード・シールド』でも「ワイルドエリア」という広大なマップがありましたが、本作ではさらに進化しましたよ!

エリア切り替え式のセミオープンワールドではありますが、エリア1つ1つがとても広大なんです!

思わぬところにレアなポケモンが隠れていたりしますから、すみずみまで探索したくなりました。

マップのデザインもワイルドエリアと比べて魅力的なロケーションが増えたと感じます。

美しい風景に癒されることもありましたよ♪

 

ポケモンライド アヤシシ

最初は徒歩で探索することになりますが、ストーリーを進めていけばポケモンの力を借りて移動することができます。

  • 高速で大地を駆け抜けることができるアヤシシ
  • 水上を移動できるイダイトウ
  • 空を飛ぶことができるヒスイヴォーグル

などのライドポケモンが存在します。

行ける範囲が増えればそれだけたくさんのポケモンと出会えますよ!

最終的には『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』並に自由な移動ができるようになるから凄い!

アクション性が高い捕獲システム

ポケモン捕獲

ポケモンレジェンズはアクションRPGとなりました。

戦闘画面に入らず、直接ボールを投げて捕獲するという直感的なシステムとなっています。

(従来通り戦闘に入ってから捕獲することも可能)

まるでスナイパーのように草むらに隠れて息を潜め、背後から狙いをつけてボールを投げる。

これがなかなか緊張するのですが、上手く決まったときの快感はヤミツキになってしまいましたよ!

フェザーボールというボールなら真っ直ぐ飛びますし、飛距離も長いのでよりスナイパーの気分を味わえます(笑)

上手くいけばバトルを介さずにポケモンを捕まえられるのでとてもテンポが良いと感じました!

 

主人公を襲うレントラー

しかし、ポケモンに見つかってしまうと逃げられたり襲いかかってきたりします。

襲いかかってくるポケモンはとても好戦的!

「人間だ!殺せ!!」

と言わんばかりの殺意を向けて技を放ってきます(怖)

このため、今までの本編シリーズよりも緊張感ある捕獲を楽しめました!

主人公は何回かダメージを受けると倒れてしまいます。

倒れるとアイテムをいくつか落としてしまうので、時には逃げることも大切ですよ!

 

バサギリ戦

ボス戦ではポケモンの激しい攻撃を避けながら隙を見て「シズメダマ」というアイテムをぶつけるアクションゲームを楽しめます。

これがなかなか本格的なアクションとして作り込まれているので熱くなれました!

たとえ負けてしまってもボスの体力ゲージを引き継いで再挑戦できるので、アクションゲーム初心者の方でも安心ですよ♪

ポケモン図鑑を作る楽しさ

ポケモン図鑑

本作のポケモン図鑑は一味違いますよ!

まず、ポケモンを1匹捕まえただけではそのポケモンのページは完成しません。

本作ではポケモンごとにタスクが存在します。

  • 何度も捕まえる
  • 見つからずに捕まえる
  • 特定の技を数回見る
  • 何回か倒す

これらのタスクをこなしていき、研究レベルを10にすればそのページは完成となります。

同じポケモンを何度も捕まえることにも意味があるところが良いですね。

タスク埋めはかなりの中毒性があるので、ポケモン集めに熱中してしまいました!

 

中には特定の状況でしか出現しないポケモンも存在します。

時間帯はもちろん、たまに発生する「時空の歪み」の中でしか出現しないポケモンなど様々。

コンプリートは難しいのですが、全て集めることで発生するイベントもあるので熱中してしまうでしょう!

 

オヤブンのギャロップ

また、本作では同じポケモンでも身体の大きさが違ったり、より強力な「オヤブンポケモン」が存在します。

好みの大きさのポケモンを捕まえて並べる楽しみもありますよ♪

オヤブンポケモンは強敵ですが、捕まえられればかなりの戦力に!

歯応えのあるバトル

ポケモンバトル

レジェンズはバトルシステムもこれまでとは違います。

まず、行動順に関するシステムがこれまでのターン制から、使った技によって順番が変化する『ファイナルファンタジーX』のカウントタイムバトルに近いシステムになりました。

「でんこうせっか」など今まででいう先制技を使えば行動順が回ってきやすいので、連続で行動できることもあります。

「エアスラッシュ」などの怯ませる技を使えば、相手の行動順を遅らせることも。

これらの技を駆使すれば有利に戦えますよ!

 

ヒスイゾロア 力業

もうひとつ特徴的なのが「力業」と「早業」

力業は行動順が遅くなるかわりに技の威力がアップします。

次の相手の攻撃でやられてしまいそうな時に使うのが良いでしょう。

早業は技の威力が下がるかわりに行動順が早くなります。

連続で行動したい時に役に立ちますよ!

一部簡略化されている部分もありますが、これらのシステムによって今までの本編シリーズにも劣らない戦略性あるバトルを楽しめました!

 

また、本作はバトルの難易度がやや高めです。

今までの本編シリーズではラスボス以外で苦戦させられることはあまりなかったのですが、本作は対人戦やオヤブンポケモンとの戦いで何度も苦戦させられました!

そしてラスボス戦は僕が今までプレイしてきたポケモンシリーズの中でも最大級の難易度!

何度も負けましたが、その分勝てた時はかなりの達成感を得られました!

ハイクオリティなBGM

黒曜の原野

ポケモンレジェンズも名曲揃い!

特に最初のエリアである黒曜の原野のBGMは癒される曲調で気に入りました♪

本作は『ダイヤモンド・パール』の過去の世界が描かれています。

そのため、ダイパのBGMがいくつかアレンジされました。

ダイパをプレイした方ならニヤリとできるでしょう!

先にダイパやっておけば良かった(泣)

着せ替え要素

呉服屋 着せ替え

最近のポケモンではすっかりお馴染みのシステムとなった着せ替え要素は本作にも存在しますよ!

昔の世界が舞台なので、着物など和風の服装が多めです。

和服好きにはたまりませんね!

 

もちろん髪型や髪の色を変更することも可能!

男の子主人公にポニーテールの髪型が採用されたのは個人的にかなりの評価点です(笑)



不満点&気になったところ

ミニマップがない

多くのオープンワールドゲームには搭載されているミニマップですが、本作には存在しません。

方角を確かめたいときはいちいちマップを開かなければならないので面倒でした。

マップが広大なので、慣れないとどの方角へ行けば良いのかわからなくなりがちなのですよ。

別のエリアに行くのが面倒

エリア選択

本作は別のエリアに行くためには、一度拠点であるコトブキムラに戻らなければなりません。

 

ロードを2回挟むことになるので面倒に感じてしまいました。

村を経由せずに別のエリアへとファストトラベルができれば、快適に冒険することができたでしょう。

この手のオープンワールド系ゲームとしてはロード時間が短めなのが救いです。

範囲攻撃が無い

カイとのバトル

本作では1対複数の戦いになることがあります。

にも関わらず、本作では複数のポケモンに攻撃できる技が廃止されてしまいました。

そのため複数のポケモンを相手にするのはとてもキツいんです。

シームレスバトルでポケモンの位置が一定でないため、処理が難しかったのかもしれませんね。

 

また、時代的にポケモンバトルのルールが整備されていないからか、現代でいうところのトレーナー戦でも1対複数になることがあります。

ズルくない!?

相手が複数のポケモンを出してきても、こちらは一体しか出せないのが理不尽極まりない!

まとめ

ヒノアラシを選択
こんな人にオススメ!
  • 広大なフィールドを探索したい
  • ポケモンを集めるのが好き
  • 和風な世界観が好き
こんな人には合わないかも…。
  • ネットでほかのプレイヤーと対戦したい
  • 作業ゲーが苦手

『ポケモンレジェンズ アルセウス』はゲームフリークの新たな挑戦というだけあって、様々な面が進化しました。

広大なフィールドでポケモンを直接捕まえる快感は是非味わっていただきたいです!

戦闘に入らずに直接捕まえられるシステムは、今後の本編シリーズにも取り入れていただきたいと思ったほど熱中しましたよ!

 

ゲーフリはアクションゲームを作るのが得意なイメージはありませんでしたが、ここまで完成度の高いオープンワールドアクションを作り上げてしまったのですから驚かされました。

アクションが苦手な方への配慮もあるので多くの方が楽しめる名作と言っていいでしょう!

 

プレイ時間:30時間

個人的評価:A

 

 



ABOUTこの記事をかいた人

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!