二ノ国II プレイ日記 第11話 フニャの作り方




前回のあらすじ

・ウルデラコンを鎮めてゴールドパウンドの危機を回避!
・謎の蛇男の正体は今は亡きアラゴリアの王ハムナル。
・エバン君の王国「エスタバニア」に大勢の人が集結!

 

今回からキングダムモードで国づくりができるようになりました!
様々な施設を建ててエスタバニアを豊かにしていきますよ!

 

第三章「ブラハバンの伝説」

キングダムモード

キングダムモード

キングダムモードでは王国資金「キングダムゴールド(KG)」を消費することで施設を建設したり、商品や魔法の開発を行うことができます。
施設を建てたり研究を行うことで国力が上がり、さらに国を豊かにすることができますよ!

 

施設で開発を行うにはもちろん人材が必要です。
キャラごとに得意分野が違うので、施設に適したキャラを配置する必要があります。
人材はストーリーを進めたり、サブクエストをクリアすることで雇えるようになるので世界中を探したくなりますね!

 

KGはこの国の税金のようなもので、時間が経てば自動で貯まっていきます。
国力が上がれば貰えるKGも増えるので、積極的に施設を建設していくのが良さそうですね!

 

エスタバニア城のレベルを上げれば領土が広がり、建てられる施設の数も増えます。
城のレベルを上げるためには多額のKGが必要なので、まずは国力を強化したいです!

 

とりあえず武器屋、防具屋、道具屋、魔法研究所、料理屋を建設しておきました!
国力が少しだけUP!

 

ホラット洞穴へ

ミセス・マーサ

フニャのアトリエの研究開発をしてくれる人材が必要なので、以前お世話になったミセス・マーサをスカウトしに行きます。

ミセス・マーサは魔物に「奇跡のたわし」というフニャを生み出すために欠かせない道具を奪われてしまったようなので取り返しに行きます!
鍋を奇跡のたわしで綺麗にしなければフニャは生み出せないようです。

フニャってお鍋から生まれるのか…。

 

戦闘

ホラット洞穴でたわしを盗んだゴブランと戦闘!
大したことはありませんでした。

 

プロフェッサー・センコー

戦闘が終わりたわしを取り返すと、プロフェッサー・センコーを名乗る謎の女性が現れました。
エバン君を無理やり助手に任命し、「夢幻の扉」の奥の世界「夢幻迷宮」で「夢幻のカケラ」を9個集めてこいと言い出しました。

彼女もエスタバニアの国民になってくれたら役に立ってくれそうなので引き受けることに。
条件厳しそうだけど…。

 

夢幻迷宮

夢幻の扉

これが夢幻の扉です。
世界各地に存在し、夢幻迷宮には強力なモンスターが潜んでいるらしいです。

 

夢幻迷宮

夢幻迷宮ではデンジャーレベルというものが存在し、時間経過で敵が強くなります。
敵を倒したり壺を割って手に入るキーオーブを癒しの像に捧げればデンジャーレベルを下げることができます。

 

ゴムレム

最終フロアに辿り着くとボス戦です。
サイコロ工場前で戦ったゴムレムですが、あの時よりも強力です!
フニャとの連携でなんとか撃破!

「夢幻のカケラ・赤」を手に入れました。

 

ミセス・マーサが国民に!

ミセス・マーサ

ダンジョン攻略が終わったのでミセス・マーサにたわしを届けます。
彼女はよろこんでエスタバニアの国民になってくれました!

 

会話シーン

ロウランは様々な種族をまとめるためには大きな旗、つまり目標が必要だと言います。
エバン君は争いの無い国を目指すとのことです。

そのためには他国について詳しく知る必要があるので、ゴールドパウンドの「メルドラ公文書館」で情報を収集することになりました。
そこには二ノ国の歴史を記した書物や石版がたくさん眠っているらしいです。

 

前回:第10話 王国に集う民
次回:第12話 会員証を求めて大冒険!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!