二ノ国II プレイ日記 第9話 サイコロ裁判




前回のあらすじ

・門番とサイコロ勝負で借金王に
・ゴールドパウンドではイカサマが蔓延していた!
・工場でイカサマダイスの証拠ゲット!
・ボスのゴムレムは回転攻撃が強力!

 

今回はロクメ・ギに証拠品を突きつけに行きます!
ゴールドパウンドのイカサマ問題はこれで解決するのでしょうか?

 

サイコロ裁判

ロクメ・ギを問い詰める

エバンと仲間達

証拠品を手に入れたエバン君達はロクメ・ギを問い詰めます。
税金6倍なんて許しません!
ゴールドパウンドの国民達のためにも国中で蔓延しているイカサマ問題を解決しなくては!

 

ロクメ・ギ

当然ロクメ・ギはシラを切ります。
そこでロウランはサイコロ様を用いた裁判を行うのはどうだと提案しました。
ロクメ・ギはリモコンでサイコロの目を操れるのをいいことに承諾しました。

 

それにしてもリモコンで操れるサイコロがあるとは…。
リーフブックといい、この世界は思っていたよりも科学技術が発展していますね!

 

サイコロ裁判

ロウランは裁判だからとスーツに着替えました。
形式にこだわるのですね(笑)

 

大臣

ロクメ・ギにイカサマの指示書を提示しますが、ロウラン達が作った偽の証拠品だと言い張ります。
そこでサイコロ様に証拠品が本物か偽者かを決めてもらうことになりました。

偶数の目だったら証拠品は偽者、奇数だったら本物ということです。

 

住人達

サイコロは偶数の目が出ましたが、エバン君達はリモコンで出目を変えます。
ロクメ・ギも負けじとリモコンで出目を変えます。
こうなると裁判を見に来た住人達にもサイコロに仕掛けがある事が分かってしまいますね。

 

大臣のたくらみ

ロクメ・ギ

ロクメ・ギはイカサマがばれたことで追い詰められます。
すると彼の身体から闇のオーラが噴き出してきました!

 

大臣はロクメ・ギと国民達との絆が弱まっていくのを感じ取りました。
するとこの国の守護神「ウルデラコン」が上空に現れました!
(スクショ撮るの忘れました)

 

大臣

大臣「貴様は『王』として相応しくないとみなされた…。」

とうとう大臣が正体を現します!
出会った時から怪しいと思ってたんだよなぁ…。いやホントに!

 

正体を現した大臣

大臣は蛇の被り物を着けた謎の男に変身し、国王と国民の絆の証「神玉旋」をロクメ・ギの身体から奪い取りました!
神玉旋は国王と守護神を結ぶ紐のようなオーラです。
エバン君とポンゴが契約した時もこの神玉旋で結ばれました。

 

守護神の暴走

神玉旋を失った守護神「ウルデラコン」は暴走してしまいます。
こんな巨大な守護神が暴れ回ったらこの国はひとたまりもありません!

 

謎の男

神玉旋を手に入れた謎の男は満足そうに去っていきました。
彼の目的は何なのでしょうか?

 

長くなりそうなので今回はここまでです。
次回は暴走したウルデラコンを鎮めるために戦いますよ!

 

前回:第8話 イカサマを暴け!
次回:第10話 王国に集う民



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!