二ノ国 白き聖灰の女王【レビュー】ジブリのような世界を冒険できるレベルファイブの王道RPG!

二ノ国

レベルファイブの大作RPG「二ノ国 白き聖灰の女王」の感想記事です。

あのスタジオジブリが美術設定やアニメムービーを担当しているのが本作の特徴です!

王道RPG好きの方は要チェックですよ!

 

二ノ国は先にニンテンドーDSで「漆黒の魔導師」というサブタイトルで発売され、一年後にPS3で「白き聖灰の女王」というサブタイトルで発売されました。

僕がプレイしたのはPS3版のみです。

PS3版二ノ国はDS版とはシステムが大幅に異なり、ストーリーの大筋は同じですが一部追加・カットされた部分があります。

ほぼ別のゲームと言っても良いでしょう!

作品情報

製品名:二ノ国 白き聖灰の女王

対応機種:プレイステーション3

ジャンル:RPG

発売・開発元:レベルファイブ

発売日:2011年11月17日

CERO:A

 

画像出典:公式サイト

評価点

高品質なグラフィックとスタジオジブリによるアニメーション

二ノ国はトゥーンレンダリングによるアニメ調の3Dグラフィックが特徴です。

PS3ソフトの中でもかなり綺麗なアニメ調グラフィックだと感じました!

キャラクターだけでなく、魔法のエフェクトやマップのグラフィックも美麗です!

 

アイテムのアイコンもひとつひとつ丁寧に作られてます。

食べ物系アイテムのアイコンは小さいイラストなのにとても美味しそうに見えますよ!

 

アニメムービーはスタジオジブリが制作しているので、キャラの表情や動きがとても細かいです。

序盤は特にムービーが多いのでジブリの高品質なアニメーションで二ノ国の世界に引き込まれることでしょう!

RPGといったらワールドマップ!

二ノ国はPS3以降に発売されたRPGとしては珍しくワールドマップが存在します。

僕が今までプレイしたRPGの中でも特に広大で美しいマップだと感じました!

おつかいクエストやイマージェン集めが苦にならなかったのはこの美しいワールドマップと壮大なBGMのおかげです!

最近はワールドマップがあるRPG作品が減ってきているので、もっとワールドマップがある作品が増えて欲しいです!

心の戦士イマージェン

二ノ国 イマージェン 育成カゴ

イマージェンという幻獣を仲間にして育てることができます。

おやつをあげてパワーアップさせたり、特定のアイテムを与えて技を覚えさせることができますよ!

イマージェンは貴重な戦力なので、しっかり育てましょう!

 

仲間にできるイマージェンは300種類以上存在します。

どのイマージェンもとても可愛らしいので集めるのが楽しくなりますよ♪

王道RPGでありながら、モンスター育成ゲームのような面があるのも本作の魅力ですね!

独特な戦闘システム

二ノ国 戦闘

二ノ国の戦闘はリアルタイム要素のあるコマンドバトルです。

戦闘フィールドを自由に移動して戦います!

仲間は自動で戦いますが、号令を出して攻撃重視で戦うか守りを固めるか指示することができます。

タイミングを見計らってボスの必殺技を避けるのは上手くいくと気持ちが良いですよ♪

少し癖のある戦闘システムなので好みは分かれますが、個人的にはとても面白く感じました!

 

人間キャラで戦うのも良いですが、イマージェンを操って戦うこともできます。

イマージェンはずっと連続で戦っていると疲れてしまうので、適度に他のイマージェンと交代する必要があります。

様々な敵に対応できるように、たくさんのイマージェンを集めましょう!

久石譲さんの重厚なオーケストラ曲

二ノ国の音楽は久石譲さんがメインで担当されてます。

東京フィルハーモニー交響楽団によるフルオーケストラの演奏を聴きながらプレイできるなんて贅沢なゲームですよね!

 

メインテーマ、街の曲、フィールド曲、飛行時の曲、シズクのテーマが特に好きです!

特に飛行時の曲はメインテーマをさらに勇ましい曲調にアレンジした迫力あるオーケストラ曲で、初めて聴いた時は興奮しました!

主題歌の「心のかけら」も麻衣さんの透き通るような歌声が印象的です。

 

名曲揃いな分、サントラが未収録曲だらけなのが本当に残念です(泣)

海外のサントラはPS3版の追加曲も収録されているので羨ましいです!

魔法指南書「マジックマスター」の作り込みがスゴい!

二ノ国 マジックマスター

DS版「漆黒の魔導士」ではゲームに同梱されている本「マジックマスター」を開きながらプレイする必要がありました。

イベントで魔法を使用する時は本に描かれたルーンを下画面に描いて使用します。

斬新なアイデアでしたが、毎回本を開きながらプレイするのは手間が掛かり、持ち運びが不便という難点がありました。

 

PS3版「白き聖灰の女王」のマジックマスターはメニュー画面から閲覧する形式に変更されました。

一度覚えた魔法は□ボタンで魔法メニューを開いて使用するようになったので快適です!

 

マジックマスターの内容はかなり本格的に作られているので、読みごたえがありますよ!

ズーム機能があるので読みやすいのもGood!

魔法指南書というだけあって魔法一つ一つに丁寧な解説が付いていますが、それだけではありません。

イマージェンやアイテムの図鑑、街の紹介、短い小説、アストラム言語の読み方など様々な内容が収録されているのでボリューム満点です!

最初は一部のページが欠けているので、世界中に散らばったページを全て集めてマジックマスターを完成させましょう!

えいゆうライセンスで冒険が快適に!

二ノ国 サブクエスト

クエストをクリアするとお金やアイテムが貰えます。

更にスタンプカードにポイントが貯まっていき、10ポイント貯まると「えいゆうライセンス」と交換できるようになります。

ライセンスは移動速度が上昇するものや獲得経験値が増加するもの等、便利なものばかりなので、ポイントを貯めるためにサブクエストを受けたくなってしまうでしょう!

豊富な寄り道要素

二ノ国 カジノ スロットマシーン

カジノ、闘技場、幽霊ミラントの謎解き、クリア後に追加されるクエスト等様々な寄り道要素が存在します。

時には寄り道をして息抜きするのも悪くないでしょう♪

やりこみ要素が豊富で長く遊べるのが二ノ国の魅力ですね!



不満点&気になったところ

一部のキャラクターボイスが棒読み

二ノ国 オリバーの母親 アリー

メインキャラの声は本職の声優ではなく俳優の方を起用しているため、一部セリフが棒読みのキャラが存在します。

そんなところまでジブリっぽくしなくても良いのではと思いました。

(他のレベルファイブ作品も俳優さんを起用していることがありますが…。)

ストーリーがやや難あり

二ノ国 女王

感動できるシーンもありましたが、唐突な展開もいくつか存在しました。

個人的にPS3版で追加された部分は蛇足に感じました。

 

DS版からカットされているイベントもいくつかあります。

特に空賊王ヘブルチとの空中戦や天上の街ヘイブンはPS3版にも入れて欲しかったです。

仲間キャラのAIがイマイチ

二ノ国 ジャイロ

二ノ国の戦闘はリアルタイム要素があるため、操作キャラ以外は自動で戦います。

しかし、仲間キャラは意味もなく大技を使ってMPを無駄に消費したり、気づいたら戦闘不能になっていたりするので常に気を配らなければなりません。

中盤で号令が出せるようになってからは少しだけ改善されますけどね。

サブクエストをやること前提の難易度

本作はサブクエストをやらずにストーリーだけを追うタイプの方にはややキツめの難易度です。

サブクエストをやれば経験値が入るし、えいゆうライセンスで冒険が快適になるので積極的に受けましょう。

面倒だからサブクエストはやりたくないという方は、アップデートで追加されたイージーモードを選択するのも一つの手です。

まとめ

二ノ国にやってきたオリバー

ストーリーとキャラクターボイスにやや難がありますが、美麗なグラフィック、重厚な音楽、独特な戦闘システム、豊富な寄り道要素など、RPGに欠かせない要素の殆どが高品質な作品です!

やりこみ要素が豊富にあるので、長く楽しむことができますよ!

王道ファンタジーRPGを求めている方には是非プレイして頂きたいです!

 

プレイ時間:不明(クリアまで50時間くらい?)

個人的評価:A

 

関連記事

二ノ国II レヴァナントキングダム【レビュー】

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!