ニーアレプリカントver.1.22【レビュー】リメイクレベルで進化した絆のアクションRPG!

ニーア レプリカント ver.1.22474487139... タイトル画面

こんにちは、雪月あきら(@snowmoon0328)です。

今回はPS4ソフト『ニーア レプリカント ver.1.22474487139...』(ver.1.22)の感想を書きました。

本作はPS3で発売された『ニーア レプリカント』のバージョンアップ版です。

 

バージョンアップ版といってもあまりイメージ湧きませんよね?

ver.1.22はグラフィックやアクション性が向上し、様々な要素が追加された決定版です!

それでいてカットシーンの演出やマップの構成は原作と同じなので、リメイクに近いリマスターと考えて良いでしょう!

 

僕はPS3で原作レプリカントをプレイして、残酷なストーリーでありながらも仲間や妹との絆の深さに感動させられました。

そのためPS4でリマスター版が発売されないかなと思っていたのですが、こんなにも気合を入れてリメイクしてくれるとは思っていなかったのでビックリ!

グラフィックやBGMなど変わった部分はありますが、ver.1.22でも涙腺崩壊させられましたよ(涙)

『ニーア オートマタ』でシリーズを知った方にも、是非レプリカントをプレイしていただきたいと思ってこの記事を書きました!

 

この記事ではオリジナル版から追加・変更された点を評価点として紹介します!

オリジナル版のレビュー記事で挙げた特徴・評価点は省略しているので、オリジナル版のレビュー記事をご覧下さい。

実験兵器7号

ニーアレプリカント【レビュー】仲間たちの絆に泣かされるストーリー重視なアクションRPG!

 

どんなゲーム?
  • PS3版『ニーア レプリカント』から様々な要素が改善
  • アクション性は原作から大幅に上昇
  • 「人魚姫」のエピソードやウェポンストーリーなど追加要素も多数

作品情報

製品名:ニーア レプリカント ver.1.22474487139...

対応機種:

【オリジナル版】

  • プレイステーション3
  • Xbox 360(ニーア ゲシュタルト)

 

【バージョンアップ版(ver.1.22474487139...)】

  • プレイステーション4
  • Xbox One
  • Windows(Steam)

※赤字は筆者がプレイしたバージョン

 

ジャンル:アクションRPG

発売元:スクウェア・エニックス

開発元:トイロジック

発売日:2021年4月22日

CERO:D

評価点

大幅に進化したグラフィック

青年ニーア

原作ではやや粗くて癖が強かったグラフィックが大幅に進化!

ストーリー上で重要なキャラはグラフィックが作り直され、かなりの美形に生まれ変わりました!

それでいて元々良かったカットシーンの演出は原作と同じなので安心です。

剣から出る火花や魔法のエフェクトも派手になったので、迫力あるバトルが楽しめますよ!

 

カイネ プリレンダムービー

他のリマスター作品では手を加えられないことがほとんどのプリレンダムービーも作り直されました。

こちらも原作の演出を完璧に再現しつつ、より美麗なムービーになりましたよ!

 

北平原

背景のグラフィックもかなりブラッシュアップされました!

マップの構成自体は原作と同じですが、平原は草が生い茂って見栄えが良くなり、建物もテクスチャーが高精細のものに描き直されて綺麗に!

色彩がオリジナル版より明るくなったのは好みが分かれそうですが、個人的には本作の色彩のほうが好みです♪

オートマタ並にスピーディーなアクション

マモノとのバトル

ニーアレプリカントver.1.22ではアクション性が大幅に向上!

オートマタ並にスピーディーかつスタイリッシュなアクションになりました。

原作とは比べ物にならないほどキビキビ動いてくれますよ!

 

原作はもっさりした動きで、武器での攻撃と魔法攻撃は独立していました。

しかしver.1.22では武器攻撃と魔法を組み合わせて攻撃したり、攻撃・移動中に魔法をチャージすることができるので多彩な攻撃が可能!

ジャストガードからの反撃もかなり強力ですよ!

ロックオン機能の追加で魔法を当てやすくなったり、方向キー長押しで装備画面を開くことなく武器を切り替えたりと戦いやすくなりました。

 

羊狩り スライドターン

走るスピードが上昇したのも嬉しいポイント!

敵をロックオン中に敵に向かって回避行動を行うことで、キングダムハーツ2のスライドターンのように瞬時に後ろへ回り込んだりとスタイリッシュな戦い方も可能です。

 

アクション性は向上していますが、イージーモードではオートバトル機能を使用可能です。

ストーリーを楽しみたいけどアクションゲームは苦手という方も安心ですよ!

さらにハイクオリティにアレンジされたBGM

デボル

ver.1.22ではほとんどのBGMがアレンジされました。

(原作のDLCの部分とラスボス戦のオルゴールバージョンは除く)

ニーアレプリカントの音楽は個人的に全ゲームの中でもトップクラスだと感じていました。

そのため、ほとんどのBGMがアレンジされると聞いた時は期待半分、不安半分に思ったものです。

 

しかし、個人的にほとんどの曲は本作のアレンジ版のほうが好きになれました!

原作ではピアノ、ストリングス、ギター以外は打ち込みだったのですが、本作では管楽器も生演奏となり、より豪華なサウンドに進化!

ヴォーカルや合唱も録音し直され、より聴き応えのあるBGMに♪

大半の曲はパートが追加されて尺が長くなりましたが、個人的には違和感なく聴くことができました。

 

新エピソード追加にともない、新BGMも数曲追加!

特に「人魚姫」のエピソードで流れる「泡沫ノ言葉」は儚さを感じる曲調が気に入りました。

戦闘曲版も壮大さと悲壮感が入り混じった曲調で素晴らしいクオリティ!

オートマタファンへのサービス満載!

2Bコスチュームのカイネ

ニーアシリーズはレプリカントの続編である『ニーア オートマタ』で人気が爆発したシリーズです。

そのためか、オートマタから入ったファンのために以下の要素が追加されました。

 

  • オートマタキャラの衣装
  • 「白の契約」や「黒の誓約」などのオートマタで登場した武器
  • オートマタBGMへの切り替え(2周目から追加)

 

オートマタのオシャレな黒い衣装で物語を進められるのは嬉しい要素ですね!

BGMもただ流すのではなく、状況やイベントの演出によってバージョンやヴォーカルの有無を切り替えたりと使い方にもこだわりを感じました。

しっかりと本作の雰囲気に合うように使用されているから凄い!

小説のストーリーをゲーム内に収録

難破船

ver.1.22では攻略本である「ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR」に収録されている「人魚姫」のエピソードが本編ストーリー内に追加されました。

新たなステージである「難破船」を探索することになります。

ニーアシリーズらしい切なくて残酷な物語なので、エンディングにも劣らないほど心を打たれました…。

 

実はもうひとつ、攻略本の小説から逆輸入されたストーリーが存在します。

ニーアレプリカントのファンならきっと満足できるでしょう!

イベントシーンの追加

追加された会話シーン

ver.1.22では上述の小説から逆輸入されたストーリーだけでなく、細かいイベントシーンも追加されました。

  • 「人魚姫」のストーリーにも関わってくる、とある夫婦の話
  • 2周目以降に追加される仲間との会話シーン
  • あるキャラクターに関するノベルパート
  • 3周目以降に追加される敵キャラの描写

 

特に仲間との会話シーンは、彼らの絆の強さを改めて感じさせられる内容となってます。

ノベルパートの追加によって、そのキャラの過去に関してより深く知ることができるようになりました。

とある敵キャラの描写に関しても、葛藤がしっかりと描かれているため戦いづらくなってしまいましたよ…。

ほぼ完全にフルボイス化

サブクエストもフルボイス

原作ではボイスが無いシーンもあったのですが、本作ではボイスが全て新録され、ほぼ完全にフルボイスとなりました。

(ノベルパートは一部を除きボイスなしです)

イベントシーンだけでなく、モブキャラとの会話もフルボイスになってるから凄い!

シーンによっては原作のほうが良い演技だったと感じたところもありましたが、逆に本作のほうが狂気を感じられる演技になったキャラもいるので新録されて良かったと思ってます!

 

白の書(シロ)

白の書のキャストはピーターさんから安元洋貴さんに変更。

事情があるとはいえ、ピーターさんの演技が好きだったので変更だと発表された時は残念に感じたこともありました。

しかし、実際にプレイしてみると安元さんの演技も白の書のキャラクターにとてもマッチしていて違和感なく受け入れられたんです!

今では白の書に関するシーンを思い出す時は安元さんの演技で脳内再生してしまうほどですよ!

ウェポンストーリーをゲーム内に収録

ウェポンストーリー

原作では攻略本に収録されていたウェポンストーリーが、本作ではゲーム内に収録されました。

ウェポンストーリーというのは『ドラッグオンドラグーン』シリーズの頃から存在する武器の物語です。

武器のレベルを上げるごとにその武器にまつわるショートストーリーが追加されるので、続きが読みたくなって武器強化のモチベーションが上がることでしょう!

原作のDLCを収録

15 Nightmares 父親ニーア

原作レプリカントではDLCだった「15 Nightmares」が本作には最初から収録されています。

『ニーア ゲシュタルト』の主人公である父親としてのニーアを操作できますよ!

レアな素材も入手できるので、武器強化のために利用するのも良いでしょう!

 

鎧武者コスチューム

ステージを攻略することで和風のコスチュームを手に入れることができます。

こちらのデザインもカッコいい!



不満点&気になったところ

ファストトラベルを追加してほしかった!

ニーアの村 商店街

本作はオープンワールドゲームではないものの、そこそこマップが広いので移動が面倒です。

特にサブクエストや素材集めをやる場合はあちこちを駆け回ることになるので、一度訪れた場所に一瞬でワープできるファストトラベル機能がほしいと感じました!

一応船で別の町や砂漠に行くことはできますが、青年期でなければ利用できませんし、行ける場所も少ないです。

ダッシュやイノシシのスピードが上昇したのが救いではありますが…。

 

ファストトラベルの追加は技術的には難しくなさそうですが、道中の会話を聞き逃してしまうので追加されなかったのかもしれません。

また、道中の白の書との会話で「ワープ魔法は難しく、失敗すると挽き肉になる」という台詞がありました。

設定に忠実にするためにあえて追加しなかったのかも?

エリア切り替え時のロードが気になる

ロード画面 ヨナの日記

本作ではエリア切り替え時のロード時間がやや長いのが気になりました。

僕はPS4proでプレイしてましたが、ロード時間は7~10秒ほど。

レプリカントはエリア切り替えの頻度がそこそこ高いので気になるレベルです。

 

基本的にPS4で発売されたリマスター作品はロード時間が短くなる傾向があります。

しかし、本作はリメイクレベルで手が加えられており、マップの構成が同じとはいえグラフィックがかなり強化されたので読み込みに時間が掛かってしまうのでしょう。

せめて何度も訪れることになる図書館では、出入りする際のロードをもっと短くしていただきたかったです。

ゲームバランスの悪さは相変わらず

P-33戦

ver.1.22ではアクション性は大幅に向上しましたが、ゲームバランスは相変わらず良くないと感じました。

さすがに槍ゲーなところは他の武器も使いやすくなったことで改善されましたが、魔法の格差は相変わらず。

僕は本作でもほとんど「黒の槍」と「黒の手」ばかり使っていました。

それ以外の魔法も一通り使ってみたのですが、威力が低かったり癖が強かったりでイマイチ扱いづらく感じたのです。

移動しながらチャージできるようになったので「黒の処刑」はやや強化されましたけどね。

 

バトルではたまにピンチになることはあったものの、本作は時間を止めてアイテムを使用できるのでよほど無駄使いしなければゴリ押しが可能です。

そのため、ピンチになることはあってもバトルでHPが0になったことはありません。

最強武器は原作と同じく店で売っているので、縛らなければ簡単に高い攻撃力を得ることが可能なのもどうかと思いました。

高額ではあるものの、適当にクエストをいくつか消化すれば簡単にお金を稼げますからね。

 

「バトルが物足りないならハードモードにすればいいじゃん」という声が聞こえてきそうですが、ハードはハードで敵が硬すぎて雑魚戦に時間が掛かってしまいます。

敵を硬くすることで難易度を上げるやり方は個人的に好きではありません。

 

以上の理由から、キャラを動かす楽しさや爽快感は原作と比べてかなり向上しているものの、バトル自体は正直あまり楽しいとは思えませんでした。

キャラを動かす楽しさとバトルの楽しさは別物なんですよね。

まとめ

人魚姫のボス戦
こんな人にオススメ!
  • ストーリーや演出を重視する
  • 仲間たちの絆の深さに感動したい
  • 荒廃した世界観が好き
  • 原作レプリカントやオートマタを楽しめた
こんな人には合わないかも…。
  • 残酷な描写が苦手
  • ゲームバランスの悪いゲームが嫌い
  • 周回がめんどくさい

『ニーア レプリカント ver.1.22474487139...』は原作の問題点だったグラフィックの粗さやモッサリなアクションが大幅に改善されました!

小説から逆輸入されたストーリーやオートマタファンへのサービス要素も素晴らしい!

快適性の低さやゲームバランスの悪さが改善されなかった点は残念ですが、それを差し引いても良リメイクと言っていい作品です。

原作レプリカントをプレイされた方はもちろん、オートマタにハマった方やストーリー重視の方には是非プレイしていただきたい名作アクションRPGです!

 

プレイ時間:43時間

個人的評価:A

 

関連記事

実験兵器7号

ニーアレプリカント【レビュー】仲間たちの絆に泣かされるストーリー重視なアクションRPG!

2B

ニーアオートマタ【レビュー】アンドロイド達の愛と狂気が描かれる名作アクションRPG!

 



ABOUTこの記事をかいた人

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!