ニーア レプリカント【レビュー】悲劇的なストーリーと仲間達の絆が魅力のアクションRPG!

ニーアレプリカント

こんにちは、雪月あきら(@snowmoon0328)です。

今回はPS3ソフト「ニーア レプリカント」の感想を書いていきます!

ニーアは「ドラッグ オン ドラグーン(DOD)」シリーズのスタッフが開発したアクションRPGです。

初代DODと繋がりがあるストーリーですが、僕はDODシリーズをプレイしたことがありません。

しかし、DODをプレイしていなくても十分にストーリーを楽しむことができました!

 

Xbox360では「ニーア ゲシュタルト」というタイトルで発売されています。

そちらはゲームの内容はほとんど同じですが、主人公が厳ついおじさんになっており、ヒロインのヨナは妹ではなく娘となっています。

おじさん主人公でプレイしたい人はこちらが良いでしょう!

 

難易度は3段階あります。

僕はノーマルモードでプレイしました。

作品情報

製品名:ニーア レプリカント

対応機種:

  • プレイステーション3
  • Xbox360(ニーア ゲシュタルト)

 

ジャンル:アクションRPG

発売元:スクウェア・エニックス

開発元:キャビア

発売日:2010年4月22日

CERO:D

 

画像出典:公式サイト

評価点

悲劇的だけど感動できるストーリー

ニーアの妹ヨナ

少年が病気の妹を助けるために奔走するという王道なストーリーです。

王道ですが設定が非常に細かく練られているため、ありきたり感は殆どありません。

終盤では衝撃の事実が明らかになりますよ!

 

エンディングはA~Dまでの4種類がありますが、どのエンディングも印象的です。

特にBエンドとDエンドは泣けます…。

妹や仲間たちとの絆を描いた本作のストーリーは、個人的に今までプレイしたゲームの中でもトップクラスのクオリティだと感じました!

 

サブクエストのストーリーも面白いものが多いです!

灯台のおばあちゃんの話が特に印象に残ってます。

荒廃した世界観

砂の神殿

ある事件がきっかけで文明が失われ、人々は中世の時代のような生活をしています。

個人的にこのような荒廃した世界観は大好物です!

フィールドを歩いていると鉄橋の跡があり、文明が栄えていた頃の名残を感じます。

ヴォーカルを多用したBGM

エミール

音楽はMONACAの岡部啓一さんが担当されてます。

ニーアの音楽はヴォーカルやコーラスを用いた曲が非常に多いのが特徴です。

個人的にニーアレプリカントの音楽は今までプレイしたゲームの中でも5本の指に入るほどお気に入りですよ!!

 

エミ・エヴァンスさんと中川奈美さんの透き通った歌声がたまりません!

造語歌詞のヴォーカル曲は世界観とマッチしているためとても心地良いです♪

 

村のBGMである「イニシエノウタ」が特にお気に入りです!

普段はインスト版が流れており、噴水の前で歌っているデボルさんに近付くとヴォーカル版になるといった演出があります。

戦闘曲版の「イニシエノウタ/運命」はオープニングムービーや重要なボス戦闘で使用されるので特に印象に残りました!

 

フィールド曲や各キャラのテーマ曲も素晴らしいです!

ラスボス戦の曲は合間のイベントシーンと非常にマッチしており、非常に完成度が高いです!

 

ゲーム音楽にヴォーカルを多用することに抵抗のない方なら、クリア後はサントラが欲しくなること間違いなしですよ!

個性的かつ魅力的なキャラクター

実験兵器7号

ニーア レプリカントの登場人物はどのキャラも強烈な個性と魅力を持っています。

仲間たちの絆はとても強いので、終盤の展開は涙無しには見られないでしょう!

 

魔物を憎む主人公の「ニーア」や魔物憑きのヒロイン「カイネ」は悲しい過去を背負って生きてます。

それでも優しさを失っていないところが2人の魅力だと感じました!

 

レプリカントのキャラはみんな好きですが、個人的に「白の書」と「実験兵器7号」が特に好きです!

どちらも強烈な外見ですが、お茶目な一面もありますよ♪

だんだん可愛く見えてきます(笑)

 

村の歌姫「デボル」「ポポル」やサブクエストが印象的な灯台のおばあちゃん、ニーア達の前に立ち塞がるボスクラスのマモノ達など、魅力的なキャラクターばかりです!

キャラクターを重視する人には特にオススメのゲームですよ!



不満点&気になったところ

ゲームバランスが悪い

槍

青年期からは槍が使えるようになりますが、これが強すぎます!

攻撃力が高く突進攻撃が便利なので、終盤は槍ばかり使ってしまいました。

少年期は苦戦する場面もいくつかありましたが、青年期は槍のおかげでほとんど苦戦しませんでした。

 

両手剣は動きがモッサリしていますが、攻撃力が高く一度に大量のマモノを斬ることができるので上手く使えば爽快感があります。

しかし、そのモッサリ感のせいで素早いボスが相手だと活躍できません。

 

少年期から使っている片手剣は扱いやすいのですが、攻撃力が低いのでどうしても槍に出番を取られがちです。

 

魔法は「黒の手」と「黒の槍」が便利です。

しかし、他の魔法は威力が低かったり、癖が強かったりするので殆ど使わないものもありました。

グラフィックはやや粗い

ニーア名物 イクラ

他のPS3で発売されたリアル調グラフィックのゲームと比べるとやや粗いです。

キャラのモデリングは少し癖があるので、好みが分かれるポイントでしょう。

しかしグラフィックの粗さは、荒廃した世界観による雰囲気やムービーの演出でカバーできています!

 

敵の魔法が同じエフェクト(通称イクラ)ばかりなのもどうかと思いました。

しかし、イクラエフェクトは続編のオートマタでも使われていたのでこれがニーアらしさなのかもしれません(笑)

ストーリーを深く理解するためには設定資料集が必要

ニーアと白の書

ニーア レプリカントはゲーム単体でもとても感動できるストーリーです。

しかし、「ニーア ザ・コンプリートガイド+設定資料集 GRIMOIRE NieR」でしか明かされていない設定もたくさんあります。

ゲーム内でもう少し明かして欲しかったです。

主人公の過去の話など結構キツい設定もあるので難しいところではありますが…。

 

設定資料集には小説もあり、そこで衝撃の事実が判明したりするので読み応えがありますよ!

ストーリーをより深く楽しみたい方にはオススメです!

まとめ

ニーアとカイネ

アクション面はゲームバランスの悪さもあってあまり高い評価はできません。

しかし、それを補うほどストーリー、世界観、音楽、キャラクターに魅力がある作品です!

 

ダークな雰囲気の作品ですが、ノーマルモードでも難易度はあまり高くありません。

アクション初心者の方でも充分クリア可能なので、ストーリーや雰囲気を重視する方には是非プレイして頂きたいです!

しかし、残酷なシーンや悲劇的なシーンが多いので苦手な方は注意して下さい!

 

プレイ時間:とある理由により不明(40時間くらい?)

個人的評価:B

 

関連記事

ニーア オートマタ【レビュー】

 



ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!