ニーアオートマタ【レビュー】アンドロイド達の愛と狂気が描かれる名作アクションRPG!

ニーアオートマタ タイトル画面

こんにちは、雪月あきら(@snowmoon0328)です。

今回はPS4ソフト『ニーア オートマタ』の感想を書きました。

オートマタは前作『ニーア レプリカント』から数千年後の世界が舞台です。

前作をプレイしているとより楽しめますが、本作からプレイしても問題なくストーリーを楽しむことができますよ!

アンドロイド達の人間らしさを描いたシナリオに注目です!

 

開発は爽快なアクションゲームに定評のあるプラチナゲームズが担当!

そのため、前作よりもアクションが大幅にパワーアップしてますよ!

 

僕はPS4版をプレイしました。

難易度はノーマルです。

(一部のシューティングのみイージーに切り替え、オート操作を使用しました)

 

どんなゲーム?
  • 荒廃した未来の地球が舞台
  • 簡単操作で爽快なアクション
  • アンドロイドの愛や狂気が描かれるストーリー

作品情報

製品名:ニーア オートマタ

対応機種:

  • プレイステーション4
  • Xbox One
  • Windows(Steam)

※赤字は筆者がプレイしたバージョン

 

ジャンル:アクションRPG

発売元:スクウェア・エニックス

開発元:プラチナゲームズ

発売日:2017年2月23日

CERO:D

評価点

荒廃した世界観

廃墟都市

ニーア オートマタは文明が崩壊した未来の地球が舞台で、荒廃したエリアが多いのが特徴です。

廃墟好きにはたまらない世界観ですよ!

植物に侵食された「廃墟都市」や狂気を感じる「遊園地廃墟」の独特な雰囲気に引き込まれました!

未来の地球にはイノシシなどの動物や機械生命体が暮らしています。

 

遊園地廃墟

前作はエリア切り替え式のマップでしたが、オートマタではシームレスマップになったのでロードを挟むことなく探索ができ、没入感がアップ!

ワープポイントがあり移動スピードはデフォルトの状態でも速いので、オープンワールドゲームにありがちな移動の煩わしさはほとんど感じませんでした。

移動速度アップのプラグインを装着すればさらに速く走れますよ!

フレームレートが60fpsなので滑らかに動くところも本作の魅力です。

「人間」を描いたストーリー

ニーアオートマタのストーリーは「人間」を描いていると感じました。

本作で登場するキャラのほとんどはアンドロイドか機械生命体です。

しかし、どのキャラも凄く人間味があるんですよ!

アンドロイドは感情を持つことを禁止されていますが、2Bや9Sなど多くのアンドロイドは感情的になるシーンがいくつもあります。

アンドロイドだけでなく機械生命体も同様。

  • 仲間の命が危険になり焦る
  • 任務中にお喋りをする
  • 占いにハマる
  • 恋をする
  • 姉の為に機械のパーツを探す
  • カルト宗教にハマる
  • 兄に依存する
  • 絶望
  • 復讐

アンドロイドと機械生命体は日々争い続けてますが、このようにどちらも凄く人間らしい!

時には目を背けたくなるような狂気を見せることもありますからね…。

「命もないのに、殺し合う。」というキャッチコピーがありますが、僕は彼らには命が宿っていると感じています!

 

本作も周回プレイ前提のストーリーとなっており、2周目は9S視点でストーリーを追っていくことになります。

そして、3周目からが本番で、1周目、2周目の続きのストーリーが楽しめますよ!

魅力的なキャラクター

2B

アンドロイドの主人公である2B(トゥービー)はクールな性格が魅力です。

戦闘時のモーションもスタイリッシュでカッコいい!

黒い服が好きな僕にはたまらないデザインです♪

9Sに「感情を持つことは禁止されている」と注意するシーンがありますが、それでも感情的になってしまうシーンがあるところが彼女の魅力に感じました。

 

相棒の9S(ナインエス)は感情豊かで、2Bやオペレーターさんとのやり取りが見ていて微笑ましく感じました。

1周目ではサポートキャラとして2Bを助けてくれます。

2周目では彼のハッキング能力を駆使して戦うことになりますよ!

そして3周目では大きな変化を遂げることに…。

 

最初は敵として登場するクールなアンドロイドのA2(エートゥー)も意外な一面を持ったキャラです。

1周目での出番は少ないのですが、3周目から彼女の活躍を見ることができますよ!

 

サポートキャラのポッド042&153も良いキャラしてますよ!

アンドロイド達以上に無感情なキャラですが、終盤でのポッド達のやりとりは見逃せません。

 

アダムとイヴ

敵キャラのアダムとイヴも強烈な登場シーンで驚かせてくれました!

あの登場シーンはプレイした人全員が驚いたと思います(笑)

スピーディーなアクション

歌姫戦

ニーア オートマタはアクションゲームに定評があるプラチナゲームズが開発を担当した作品です。

簡単操作で爽快感のある戦闘を楽しむことができますよ!

前作よりもキャラの動きが軽快なので、動かしていてとても楽しかったです!

上述した通り、移動速度も速いのでスピーディーな戦闘を楽しめました。

 

操作はシンプルなので戸惑うことはないでしょう。

ジャスト回避からの強力なカウンター攻撃が上手く決まればとても爽快!

ポッドによる遠距離攻撃やポッド・プログラム(前作の魔法攻撃に相当)なども強力ですよ!

武器は小型剣、大型剣、槍、格闘の4種類です。

前作は槍が強すぎましたが、本作では武器の格差はそれほど感じませんでした。

 

「プラグイン・チップ」を付け替えることで、攻撃重視にしたり、回復能力を高めることが可能ですよ!

チップ集めと合成による強化は本作のやり込み要素。

プラグインチップは同じスキルでも装備時のコストが違うので、コストの低いチップを集めればたくさんのスキルを装備することができます。

お店で売っているチップはコストが高いので、積極的に敵を倒して入手しましょう!

アクションが苦手な人への配慮

オートチップ使用

イージーモードにするとオート操作系のスキルを使用できます。

攻撃だけでなく、回避も自動で行ってくれるので大幅に難易度が下がるんです。

アクションは苦手だけど、ストーリーや世界観だけを楽しみたいという方には嬉しい機能でしょう!

 

オート操作はシューティングパートでも使用可能です。

特にハッキングなどで行うシューティングは凄く難しいところがあるので、オート操作系スキルに助けられました。

前作以上にヴォーカルを多用したBGM

ボーヴォワール

オートマタも岡部啓一さんが率いるMONACAが音楽を担当されました。

ヴォーカル曲が前作以上に多いところが魅力です!

前作のアレンジ曲があるところも嬉しいポイント♪

 

廃墟都市で流れる「遺サレタ場所」が特にお気に入りです!

最初はヴォーカルや主旋律が無い静かなバージョンが使用されますが、ストーリーの進行具合によってヴォーカル版に変わります。

廃墟都市は何度も訪れることになるので、BGMのバージョンを変えることでプレイヤーを飽きさせないようにしているのでしょう。

 

戦闘曲は最初のボス戦で流れる「双極ノ悪夢」や遊園地のボス戦の「美シキ歌」、アダム&イヴ戦の「異形ノ末路」が好きです!

特に「双極ノ悪夢」は使用回数は少ないのですが、インパクトのある曲調とボス戦のシチュエーションでテンションMAXになりましたよ!

 

ハッキング時はファミコン風の曲に切り替わるところもこだわりを感じました!

レトロな音楽が好きな方には嬉しい要素ですね♪

 

レジスタンスキャンプで一度聴いたBGMを聴くことができます。(レコードが必要です)

ヴォーカルの有無やバージョンを細かく切り替えられるのが嬉しいポイント!

サントラに収録された曲は基本的にいくつかのバージョンをミックスしたアレンジバージョンなので、特定のバージョンだけを聴きたい人にはありがたい仕様だと感じました!

ニーアオートマタ サウンドトラック

ニーアオートマタ【サントラレビュー】荒廃した世界にマッチした造語歌詞のヴォーカルアルバム!

美麗なグラフィック

最初のボス戦

グラフィックはPS4・Xbox One作品となったことで前作から大幅に向上!

完全なリアル調ではないものの、それがかえって本作の世界観とマッチしていると感じました!

背景グラフィックも凄く綺麗!

光の表現も秀逸で、荒廃した世界の空気感を演出してます。

水の表現も綺麗なので、釣りをしている時は穏やかなBGMも相まって癒やされました♪

 

戦闘時のモーションも非常に凝っているので、流れるような攻撃に見とれてしまいました。

エフェクトや破壊表現も派手で爽快感がありますよ!

前作の魔法弾(イクラエフェクト)も続投されてますが、綺麗なイクラに進化してます(笑)

 

モーションブラー

PS4proのような上位機種や高スペックPCでは攻撃時にモーションブラー(動きのブレ表現)が追加され、光と影の表現もより精細になります。

解像度も900pから1080pに向上しますよ!

豊富なサブクエストとやりこみ要素

レジスタンスキャンプ

前作と同様にサブクエストが豊富に存在します。

悲しいサブクエストもありますが、中には重要な設定の伏線となっているクエストも存在します。

ストーリーを深く理解したい方はやることをオススメします!

前作のあのキャラに関するサブクエストもあるので、前作ファンの方は是非やりましょう!

 

前作のように釣りもできますよ!

機械の魚が多いですが、本物の魚が釣れることもあります。

序盤の金策にもなるので、時には息抜きにプレイするのも悪くないでしょう。

 

エンディングはなんと26種類も存在!

メインストーリーのエンディングはAからEまでの5種類ですが、条件を満たすことで別のエンディングが見れるんです。

しかしこのFからZまでのエンディング、中には明らかにギャグとしか思えないものも(笑)



不満点&気になったところ

謎のシューティング推し

ハッキング時のシューティング

ニーア オートマタはアクションRPGですが、飛行ユニット搭乗時やハッキング時はシューティングゲームになります。

シューティングアクションRPGを名乗るべきでしょう(笑)

 

9S操作の二周目は特にシューティングが多いです。

シューティングの出来自体は悪くありませんが、アクションRPGがやりたくてプレイしているのにシューティングばかりさせられるのはどうかと思いました。

カービィシリーズみたいにたまにあるくらいなら良いのですが…。

 

中にはかなり難易度の高いステージもあります。

僕はシューティングゲームが苦手なので、イージーに切り替えるまでは苦戦を強いられました。

苦手な方は、イージーモードにしてオート系スキルを使用しましょう!

単調なバトル

バトル

オートマタはキャラを動かすこと自体は楽しいのですが、バトルそのものは正直単調だと感じました。

アクションゲームにありがちな必殺技や一定時間強化が無いので、どのバトルも攻撃と回避の繰り返しになりがちです。

(一応A2操作時に一定時間強化がありますが、デメリットもあるので気軽には使えません)

ポッド・プログラムによる攻撃もありますが、前作の魔法と違って連発できないので通常攻撃ばかりになりがちでした。

 

また、敵が大勢出てくるシチュエーションがやたら多いので冗長さを感じてしまいました。

全部倒さないと先に進めないことが多いので、ストーリーを早く進めたいと思っても足止めされてしまいます。

 

敵がやたら硬いのも難点。

中型以上の敵はHPが高かったり攻撃してものけぞらないことが多かったりで倒すのに時間がかかりました。

一応プラグイン・チップで強化もしているんですけどね。

 

回復アイテムがノーモーションで使い放題なのでゴリ押しができる点もどうかと思いました。

他のアクションゲームでは回復アイテムを持てる数が少なかったり、使用すると一定時間使用不能になったりしますが、オートマタはそういった制限はありません。

ある程度制限があったほうが緊張感が生まれるのではないかと思います。

処理落ちする場所がいくつかある

デパート廃墟

フレームレートが60fpsなので基本的には滑らかに動きます。

しかし、場所によっては気になるレベルで処理落ちすることがありました。

これはシームレスマップにした弊害でしょう。

前作のようにエリア切り替え式にすれば処理落ちを減らせるでしょうが、やはりシームレスで移動できるのも魅力ですからねぇ…。

まとめ

こんな人にオススメ!
  • 廃墟好き
  • シンプルで爽快なアクションがやりたい
  • 複雑なストーリーを考察するのが好き
  • 前作レプリカントを楽しめた
こんな人には合わないかも…。
  • 残酷な描写が苦手
  • シューティングゲームが苦手
  • 単調なバトルが嫌い

シューティング要素やバトルの単調さは気になりましたが、アクションそのものはとても爽快感があるのでキャラを動かすのが楽しい作品です!

オート系スキルを使えば難易度が劇的に下がるので、シナリオだけ楽しみたい方も安心ですよ♪

登場人物たちの人間らしい部分に注目していただきたいです!

 

荒廃した世界は独特の魅力があるので廃墟好きの方や雰囲気重視の方には特にオススメできます!

サブクエストやエンディングが豊富に存在し、理想のプラグインチップを集めるやりこみ要素があるのでこの世界に長く浸ることができますよ!

 

好みが分かれる部分も多いですが、とてもクオリティが高い作品なので多くの方にプレイして頂きたいです!

ただし、前作同様に残酷なシーンがあるので苦手な方は注意して下さい。

 

プレイ時間:22時間(本編ストーリーのエンディングを全て見るまで)

個人的評価:A

 

関連記事

実験兵器7号

ニーアレプリカント【レビュー】仲間たちの絆に泣かされるストーリー重視なアクションRPG!

 



ABOUTこの記事をかいた人

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!