星のカービィ 夢の泉の物語【レビュー】コピー能力初登場!BGMも名曲揃いなFC末期の傑作!

星のカービィ本編シリーズ2作目、「星のカービィ 夢の泉の物語」の感想を書いていきます!

夢の泉の物語はコピー能力が初登場した作品です。

アクションも追加され、ステージの数も増えたので、前作と比べると大幅にパワーアップしてますよ!

 

現在ならWiiUでバーチャルコンソール版、3DSで3Dクラシックス版が発売されてます。

「Nintendo Switch Online」に加入することでもプレイできますよ!

僕はファミコン版、GBAの夢の泉デラックス(リメイク作品)、3Dクラシックス版をプレイしました!

作品情報

製品名:星のカービィ 夢の泉の物語

対応機種:ファミリーコンピューター、ニンテンドー3DS(3Dクラシックス)

ジャンル:アクションゲーム

発売元:任天堂

開発元: HAL研究所

発売日:1993年3月23日

CERO:A

 

画像出典:WiiUバーチャルコンソール 星のカービィ 夢の泉の物語

3Dクラシックス版の特徴

3Dクラシックス版ではその名の通り立体視に対応してます。

ファミコン版からバグや処理堕ちの改善など、様々な調整が加えられているため快適にプレイできます!

カービィの絵描き歌の挿入タイミングが起動時からタイトルで放置に変更になったので、見るのがやや面倒になったという不満点もありますけどね。

それを差し引いても快適さが上がっているので、今からプレイするのであればこちらをオススメします!

評価点

コピー能力初登場!

夢の泉の物語 コピー能力 ビーム

今ではすっかりおなじみの「コピー能力」はこの夢の泉の物語から登場しました。

能力を持っている敵を飲み込むことでコピーできます。

 

コピー能力は全部で24種類あります。

初登場でこれだけの種類があるのは驚きです!

しかも、「ボール」や「スリープ」などのネタ的な能力を除いて使いづらい能力がほとんど無いのも素晴らしいですね!

前作から大幅にボリュームアップ!

夢の泉の物語 クレーンフィーバー

初代は5ステージしかなくてボリューム不足でしたが、本作は39ステージあります。

更に、ステージによっては隠し部屋を開放するためのスイッチが隠されているので、探索をする楽しみもありますよ!

隠し部屋には能力をコピーできる「博物館」や「闘技場」、「ワープスター発着場」、サブゲームの部屋があります。

 

サブゲームは「クレーンフィーバー」「たまごきゃっちゃ」「はやうちカービィ」の3種類です。

高得点で1UP、完璧なプレイで3UP貰えます。

どれもシンプルなゲームなので、たまには息抜きにプレイするのもいいでしょう!

美麗なグラフィック

夢の泉の物語 ウィスピーウッズ

ファミコン末期のソフトだけあって、ファミコンソフトとしてはとても綺麗なグラフィックです!

キャラクターは滑らかに動いてくれます。

奥行きを表現した背景グラフィックもいいですね!

名曲揃いのBGM

夢の泉の物語 Mr.チクタク

夢の泉の物語の音楽は、安藤浩和さんがメインで担当されてます。

全てのBGMが素晴らしいクオリティで捨て曲がありません!

本作のBGMは後の作品でアレンジして使用されているものが多いです。

 

個人的には森ステージや雲ステージ、寒冷ステージの曲が好きです!

ラスボス戦の曲もアップテンポな曲調でカッコいい!

魅力的なキャラクター

本作ではステージが増えた分、敵キャラも大幅に追加されました。

どの敵キャラも個性的なので、どの能力を持っているのかとてもわかりやすいです。

人気キャラの「メタナイト」は夢の泉で初登場しました。

現在のデザインとは大分違いますが、彼との決闘は熱くなれましたよ!

アクションの追加

夢の泉の物語 ダッシュするカービィ

本作ではダッシュやスライディングが追加されたので、テンポ良く冒険することができます。

そのため、ステージ数は大幅に増えたものの、ラスボス撃破まではそれほど時間はかかりませんでした。

隠し要素を全て解放しようとすればそれなりに時間はかかりますけどね!



不満点&気になったところ

最終ステージ以外ではボスキャラと再戦できない

ボスキャラともう一度戦いたい場合は新しいセーブでプレイするか、クリア後にボーナスゲーム「ボスとたいけつする!」をプレイするしかありません。

夢の泉の物語にしか登場しないボスキャラもいるので、ボスとの再戦は手軽に行いたかったです。

最近の作品ではボスとの再戦が簡単になりました!

デデデ大王戦のBGM

夢の泉のデデデ戦は他のボスキャラと同じBGMです。

ボス戦のBGM自体はとてもカッコ良くてお気に入りなのですが、やはりデデデ大王のテーマを流して欲しかったです!

容量が足りなかったのかもしれませんが…。

 

GBA版では専用BGMに変更されました!

デデデ大王のテーマではありませんが、夢の泉での戦いにふさわしいBGMですよ!

デデデ大王のテーマは別の場所で使用されてます。

まとめ

自作のカービィイラスト

カービィ描いてみました!

前作から大幅な進化を遂げたファミコン末期の傑作アクションゲームです!

不満点を探すのに苦労しました(笑)

ファミコンのソフトですが、今プレイしても充分楽しめますよ!

プレイするのであれば、ファミコン版から様々な調整が加えられた3Dクラシックス版をオススメします!

 

プレイ時間:10時間

個人的評価:S

 

関連記事

星のカービィ【レビュー】

星のカービィ2【レビュー】

星のカービィ64【レビュー】

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス【レビュー】

星のカービィWii【レビュー】

星のカービィ トリプルデラックス【レビュー】

星のカービィ ロボボプラネット【レビュー】

星のカービィ スターアライズ【レビュー】

 



ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!