星のカービィ64【レビュー】3Dグラフィックを活かした演出と多彩なコピー能力ミックスが魅力の雰囲気重視アクション!




今回はニンテンドウ64ソフト「星のカービィ64」をレビューします。

本編シリーズとしては初めて3Dグラフィックで描かれているのが特徴です。

コピー能力ミックスや今まで敵だったキャラとの冒険など、これまでにない魅力が詰まった作品ですよ!

そんなカービィ64の感想を書いていきます!

 

僕は64版とWii用ソフト「星のカービィ 20周年スペシャルコレクション」に収録されている本作をプレイしました。

作品情報

製品名:星のカービィ64

対応機種:ニンテンドウ64

ジャンル:アクションゲーム

発売元:任天堂

開発元:HAL研究所

発売日:2000年3月24日

CERO:A

 

画像出典:公式サイト

評価点

多彩な技が魅力のコピー能力ミックス

スパーク+カッター

カービィ64で最も特徴的なのが「コピー能力ミックス」です!

2つのコピー能力を組み合わせて、新たな能力を生み出すことができるんです!

 

例えば

  • 「バーニング+カッター」で炎の剣
  • 「ストーン+ボム」でダイナマイト
  • 「アイス+ニードル」で氷の結晶
  • 「スパーク+スパーク」で広範囲の電気バリア

など、様々な能力が使用できます!

 

個人的にはライトセイバーっぽい「スパーク+カッター」がお気に入り♪

3で登場した仲間の石像に変身できる「ストーン+カッター」も捨てがたいです。

 

ボムで壊れるブロック

本作では特定の能力で壊れるブロックが存在します。

そこに収集物である「クリスタル」が隠されているので、色に対応したコピーをミックスする必要があるんです。

中にはかなり分かりにくいブロックもあるので、見つけられた時は嬉しかったです!

表情豊かな3Dグラフィック

リボンとの出会い

3Dグラフィックで描かれたカービィ達はとても表情豊かです!

ステージをクリアした時などに流れるムービーでは各キャラが生き生きと動きますよ!

グラフィックの質自体もニンテンドウ64ソフトの中では綺麗な方でしょう♪

ゲームプレイ時もダッシュした時やバイタリティが少ない時などにカービィの表情が変化します。

ダイナミックなカメラワーク

カメラワーク

本作はジャンル的には横スクロールアクションゲームですが、視点がグリグリ動くので迫力があります!

それでいて操作がしづらいと感じたことは殆どありませんでした。

カービィSDXと比べるとコピー能力のアクションがシンプルなのが操作のしやすさに繋がっているのでしょう!

 

背景も奥行きがあり、シャッツォなど一部の敵は画面の奥から攻撃してくることもあります。

当時としては珍しい演出だったので驚きました!

安心と信頼のBGM

音楽

BGMは他の本編カービィと同じく石川淳さんと安藤浩和さんが担当されてます。

ポップな世界観にピッタリの明るい曲調のBGMが多いので楽しくプレイできました!

 

一方でシリアスな曲調のBGMもいくつか存在します。

工場のステージで流れる「こうじょうけんがく」は金属音による重々しい曲調で緊張感がありますよ!

カービィ64のステージの中では難易度が高いので耳に残りました!

 

ラスボス戦のBGMはカービィの曲とは思えないほどシリアスな雰囲気が漂う曲で、かなり人気がある曲です!

特殊なバトルなのもあって熱くなること間違いなしですよ!

冒険をサポートしてくれる仲間キャラ

カービィとデデデ大王

カービィ64ではヒロインの「リボン」だけでなく、今まで敵だった「ワドルディ」「アドレーヌ」「デデデ大王」と一緒に冒険します。

(アドレーヌと3のボスキャラ「アド」は同じキャラでいいのかな?)

スーパーデラックスのようなヘルパーではなく、ストーリー上の仲間として今まで敵だったキャラと冒険するのはシリーズでは初めてのことです!

 

  • 様々な乗り物を用意してくれる「ワドルディ」
  • 自身の能力で食べ物や1UPを描いて出してくれる「アドレーヌ」
  • カービィを乗せて障害物を壊しながら進んでくれる「デデデ大王」

 

どのキャラもカービィの冒険をサポートしてくれるのが嬉しいですね♪

本作以降、デデデ大王の活躍が増えたのも嬉しいポイントです!

熱くなれるサブゲーム

けんけんレース

本作には最大4人で楽しめるサブゲームが存在します。

  • ジャンプを使い分けて障害物を避けながらゴールを目指す「けんけんレース」
  • 相手と場所を奪い合いながら落ちてくる木の実を集める「とるとるバトル」
  • 直線上に衝撃波を出して足場ごと相手を落とす「おちおちファイト」

 

使用できるキャラはカービィ、ワドルディ、アドレーヌ、デデデ大王です。

どのゲームもシンプルなルールですが、それゆえに中毒性があるので熱くなれますよ!



不満点&気になったところ

移動速度が遅い

ホバリング

本作はダッシュしても移動速度が遅いと感じました。

おそらくステージの景色をゆっくりと見ながら進んでほしくて遅めにしたのだと思います。

本作も初3D作品としてはかなり気合が入った背景なのでわかりますけどね。

 

また、ホバリング(空を飛ぶ)も過去作とは違って一定時間しかできなくなりました。

不便ではありますが、高いところにあるクリスタルをどうやって取るか考える楽しさがありますね。

難易度が低い

デカエヌゼット

本作はあまり難易度が高くありません。

一部のコピー能力ミックスが強すぎるのも難易度低下の原因でしょう。

工場ステージなど、難しいステージも少しだけありますけどね。

 

中ボスはロクに移動や攻撃をしてこない敵が多く、当たり判定も大きいのでただの的と化しています。

2のように少し強めの中ボスがいてもいいのになぁと思いました。

コピー能力の格差

スパーク+スパーク

カービィ64では様々な能力を使えますが、その分格差も大きいです。

SDXやWii以降の作品とは違ってどのコピー能力でも1発の威力は同じなので、広範囲攻撃ができる能力が強いです。

回復アイテムを出せる「アイス+スパーク」も非常に便利!

 

一方で「バーニング+アイス」のようなどうしようもない能力も…。

組み合わせ的に仕方ありませんけどね(笑)

カード集めのコンプリートが非常に難しい

本作の収集要素として、敵キャラの「カード集め」があります。

全部で81種類存在するのですが、コンプリートが非常に難しいのです!

何故なら、カードはステージをクリアした時のクリアゲームでしか手に入らないからです。

ストーリークリアまでにはどんなに運が良くても20種類くらいしか集まりません。

しかもダブる可能性もあるので正直コンプリートは無理ゲーだと感じました(泣)

 

おまけにボスのカードが戦う前に手に入ってしまう可能性もあります。

運が悪ければラスボスのカードが序盤で手に入ってしまうことも…。

 

「星のカービィ トリプルデラックス」では収集物がステージに配置されるようになったので改善されました。

それでもコンプリートはとても難しいですけどね(汗)

まとめ

カービィとアドレーヌ

3Dで描かれたカービィたちは、ドット絵時代にも負けないほど可愛らしいです♪

カメラワークを駆使したダイナミックな演出も3Dグラフィックを上手く活かしていると感じました!

多彩なコピー能力ミックスは格差は存在するものの、お気に入りの能力を見つける楽しさがありますよ!

 

一方でテンポの悪さや難易度の低さなど、問題点もいくつか存在します。

スピーディーなアクションを求める方には物足りないかもしれません。

キャラクターや雰囲気を重視する方、アクションゲーム初心者の方にオススメの作品です!

 

プレイ時間:不明(10時間くらい?)

個人的評価:B

 

関連記事

星のカービィ【レビュー】

星のカービィ 夢の泉の物語【レビュー】

星のカービィ2【レビュー】

星のカービィ ウルトラスーパーデラックス【レビュー】

星のカービィWii【レビュー】

星のカービィ トリプルデラックス【レビュー】

星のカービィ ロボボプラネット【レビュー】

星のカービィ スターアライズ【レビュー】

 



2 件のコメント

  • このゲームは発売当時楽しんでいました!

    ここまで立体的な2Dアクションゲームは初めてだったので、アトラクション感覚で楽しんでいましたね~。

    でも、確かにゆったりした感じがしました。今の60fpsでスピーディなゲームに慣れた状態でプレイすると厳しいかもw

    カービィシリーズも作品ごとに手触り感が違うから興味深いですね。最近は鏡の大迷宮を少しずつ進めていますが、こちらはサクサク動くから最初は驚きましたw

    • 僕も発売当時楽しんでましたよ!
      3Dグラフィックで丁寧に描かれたカービィ達に感動してました!

      アクション面は最近のカービィに慣れていると厳しい部分もありますが、演出面はシリーズの中でも特に優れていると思ってます。
      特にステージのカメラワークはとても凝ってますからねぇ!
      ロボボプラネットでもカメラワークが少しだけ導入されてましたが、スターアライズではほとんど無くなってしまったので次回作で復活させて頂きたいです!
      マルチプレイがある作品だと難しいのかもしれませんけどね。

      鏡の大迷宮も評価が高いですよね!
      探索重視の作品なので、今までとは違った楽しみ方ができそうです。
      僕は少ししかプレイしたことがないので、いつかはちゃんとプレイしてみたいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    雪月あきら

    ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!