キングダムハーツ3最新情報まとめ!アナ雪やベイマックスが登場!システムは過去作のいいとこ取り!




マスターキーパーを拾うソラ

情報ソース・画像出典:公式サイト公式動画

 

2019年1月25日に大作アクションRPG「キングダム ハーツIII」がプレイステーション4とXbox Oneで発売されます!

本編よりも外伝の方が多いシリーズですが、13年ぶりにナンバリング作品として発売されますよ!

この記事ではキングダムハーツ3発売前の最新情報をまとめて感想を書いていきます!

 

※過去作品のネタバレが多く含まれますので、これからプレイする予定の方は注意してください!

発売前に書いた記事ですので、間違っている部分があるかもしれません。(XIII機関に関する部分など)

キングダムハーツ3の注目ポイント!

戦闘システムは過去作品のいいとこ取り!

キーブレード変形

戦闘システムは評価が高い2がベースで、魔法は1や2と同じようにMPを消費して使用します。

更にバースバイスリープ(以下BbS)の「シュートロックコマンド」やドリームドロップディスタンス(以下3D)の「フリーフローアクション」が追加されてます!

過去作品のいいとこ取りですね!

他にも本作にはキーブレードを銃やヨーヨーなどに変形させることもできます。

これもBbSの「スタイルチェンジ」を発展させたようなシステムと見ていいでしょう。

 

本作には2のリアクションコマンドを発展させた「シチュエーションコマンド」が存在します。

人に話しかけたり宝箱を開ける時に△ボタンを押すのは2と同じです。

「キーブレード変形」もゲージが溜まっているときに△ボタンを押して発動します。

強制的に切り替わるスタイルチェンジとは異なり、任意で発動できるようになりました。

2のように敵ごとに専用のシチュエーションコマンドがあるのかが気になるところです。

 

『キングダム ハーツIII』プレイ動画&先行体験レポート。キーブレードのアクション性の高さに感動

こちらの記事によると、戦闘中に装備しているキーブレードを変更できるシステムが追加されたようです。

本作はキーブレードを変形させることができ、シュートロックコマンドもキーブレードによって変わるので、戦闘中に変更可能になったのは嬉しいですね!

敵によって相性のいいキーブレードに変えれば、戦闘を有利に進めることができるでしょう!

登場するディズニー作品

パイレーツ・オブ・カリビアンの世界

キングダムハーツ3に登場するディズニー作品は

  • ヘラクレス
  • トイ・ストーリー
  • モンスターズ・インク
  • パイレーツ・オブ・カリビアン
  • 塔の上のラプンツェル
  • アナと雪の女王
  • ベイマックス
  • くまのプーさん

の8作品が確定しております。

3DCG映画の作品が多いですね!

どの作品のグラフィックも原作映画に忠実です。

特にパイレーツ・オブ・カリビアンのキャラは言われなければ実写にしか見えないのが凄いです!!

 

野村哲也氏インタビュー先行公開『キングダム ハーツIII』E3 2018の発表内容に迫る【E3 2018】

こちらの記事によると、アナ雪のストーリーでは日本でも話題になったあの「レット・イット・ゴー」が流れるようです!

どのようなアレンジになるのかが気になります♪

 

アリエル召喚

また、召喚でリトル・マーメイドの「アリエル」、ライオン・キングの「シンバ」、シュガー・ラッシュの「ラルフ」が登場確定してます!

アリエルは最近のディズニー映画のような3DCGで描かれていますよ!

キングダムハーツ3Dの「ドリームイーター」達も召喚できるようです!

フィニッシュでは物凄い数のドリームイーター達が出現しますよ!

 

キングダムハーツシリーズのワールドは「トワイライトタウン」が登場確定です!

そこではハイネ達だけでなく、レミーのおいしいレストランの「レミー」もミニゲーム要員として登場します!

料理を作るミニゲームで、成功すればステータスがアップする料理が完成します。

他にも自由に歩けるかは不明ですが、「デスティニーアイランド」「レイディアントガーデン」「闇の世界」もイベントシーンで登場しています。

広大なフィールド

サンフランソウキョウ

3のステージは見た感じ、1つのワールドが過去作品よりもはるかに広大に作られているようです。

完全シームレスでは無いかもしれませんが、それでも探索しがいがありそうですね!

特にベイマックスのワールド「サンフランソウキョウ」はベイマックスに乗って空を飛んだり、高層ビルから飛び降りたりできるのでとても気合が入っているように感じます!

グミシップは更にパワーアップ!

グミシップ

情報ソース:D23 Expo Japanで「キングダムハーツIII」について明らかになった11の新情報

 

ナンバリング作品でお馴染みの移動手段「グミシップ」は更にパワーアップしています!

一本道だった1や2とは異なりオープンワールド化しているので、自由に探索ができるようです。

オープンワールド化ということは、最初からほとんどのディズニーワールドに行けるのかもしれませんね!

 

「戦闘フェーズ」と「探索フェーズ」が分かれているそうですが、上手くやれば戦わずに次のワールドを目指すことができるのかが気になります!

僕はシューティングゲームは苦手なので、強敵は回避できるのならありがたいです♪

戦闘が苦手でもグミシップを強化すれば何とかなるとは思いますけどね!

真XIII機関

ゼムナスと対峙するソラたち

キングダムハーツ3はマスター・ゼアノート率いる「真XIII機関」との戦いが描かれます。

ほぼ確定だと思われるメンバーは

  • マスター・ゼアノート
  • ヤング・ゼアノート
  • 闇の探求者アンセム
  • ゼムナス
  • ヴァニタス
  • マールーシャ
  • シグバール
  • サイクス
  • ルクソード
  • ラクシーヌ

の10人です。

過去作品で倒したキャラが多いですが、ヤング・ゼアノートのように時を越えて来たのでしょう。

 

黒コートのリク

PVだと黒コート姿で金色の瞳のリク、ヴィクセン、デミックスや闇落ちしたアクアも登場していますが、真XIII機関のメンバーかはまだ不明です。

可能性は高そうですが…。

黒コートのリクは1の頃の姿に近いです。

チェインオブメモリーズのリク=レプリカなのか、コーデッドの世界のデータ・リクなのかが気になります!

(服装的には後者な気もしますが機関入りする理由がありませんし、データの世界からわざわざ連れてくるのかという疑問も…。)

 

テラ=ゼアノートも真XIII機関入りしている可能性が高そうです!

過去作品のラスボスが何人か参加しているので、「358/2 Days」や「コーデッド」のラスボスも機関入りしている可能性があるかも!?

バースバイスリープ組は救われるのか?

アクア

悲劇的なラストを迎えたBbSの主人公「テラ」「ヴェントゥス」「アクア」も3のストーリーに大きく関わってきます。

テラはゼアノートに肉体を乗っ取られ、ヴェントゥスは心を修復するために忘却の城で眠りにつき、アクアは闇の世界を10年以上彷徨い続けました。

彼らの救済も本作の目的のひとつです!

 

PVではヴェントゥスが眠っている「目覚めの部屋」にヴァニタスが侵入するシーンがありました。

おそらくはBbSの時のように純粋な光の心を持つヴェントゥスと純粋な闇の心を持つヴァニタスが戦うことで「χキーブレード」を誕生させるのが目的でしょう。

ヴェントゥスは無事に目覚めることはできるのでしょうか?

 

アクアは闇の世界に長く居すぎた影響か、髪が銀色に染まり、瞳も金色になってしまいました。

闇の世界で彼女とのバトルもあるようです。

彼女も真XIII機関入りしたのかとも思いましたが、必ずしも金色の瞳=ゼアノート化とは限らないかもしれません。

真XIII機関のひとりだったら、3Dのラストで機関員が集まるシーンがおかしくなりそうですし…。

 

ゼアノートに身体を乗っ取られたテラは、今のところ3のPVにはほんの一瞬しか出てきておりません。

しかし、真XIII機関入りしている可能性はかなり高そうです!

ロクサスも復活する?

ロクサス

トワイライトタウンでは「ハイネ」「ピンツ」「オレット」と再会し、ロクサスを探すためにもうひとつのトワイライトタウン(データの世界)を目指します。

2のラストでロクサスはソラに回帰しましたが、再びロクサスに会う方法があるのかが気になるポイントです。

PVでは黒コート姿のロクサスらしき人物が写っておりますが、何故黒コートを着ているのかが気になります!

やはりロクサスも真XIII機関のメンバーなのでしょうか?

主題歌やBGMについて

ヴァニタス

主題歌は今までどおり宇多田ヒカルさんが担当しています。

オープニングテーマはスクリレックスさんとのコラボ曲「Face My Fears」です。

別の歌手とコラボするのはシリーズでは初めてのことですね!

エンディングテーマはすでに発売されている「誓い」です。

オープニングとエンディングの歌が違う曲なのもシリーズ初ですね!

今回もオーケストラアレンジ版があるのかが気になるところです!

 

BGMもシリーズお馴染みの下村陽子さんが担当されてます。

BbSや3Dで一部のBGMを担当された石元丈晴さんと関戸剛さんも参加しているのかが気になります!

ヴァニタスが登場するので、おそらくは「Enter the Darkness」のアレンジ曲が流れるでしょう。

気になったところ

ロードが長くなりそう

カイリとリア

キングダムハーツ3は非常に気合の入ったグラフィックで、各ディズニー作品のキャラクターやワールドを忠実に再現しています!

各ワールドはこれまで以上に広大に作られていると感じました。

 

ただ、その分ロードが長くなってしまうのではないかと思ってます。

アンリアルエンジン4を採用しているゲームはロードが長いイメージがあるので…。

 

野村哲也氏を直撃!『キングダム ハーツIII』E3 2018発表内容を中心に訊くインタビュー完全版

実際こちらのインタビュー記事(3ページ目)では、急に場面が切り替わるシーンが入るとロードがとても長くなると野村さんがコメントしています。

そういったシーンではプリレンダムービーを使用して読み込み時間を短くするそうです。

3はゲームの容量もかなり大きくなるでしょう。

戦闘バランスの調整について

キングダムハーツ3 トイ・ストーリー 戦闘

キングダムハーツ3は1と2の開発を手がけたスクエニ東京チームではなく、BbSや3Dを手がけたスクエニ大阪チームが開発を担当してます。

BbSと3Dの特徴的なシステムを受け継いでいるので、多彩なアクションを楽しめるでしょう!

 

しかし不安要素もあります。

大阪チームが開発したBbSや3Dは敵が硬かったり、レベル1プレイ時の最低ダメージ補正が無かったりとツメが甘い部分が多いです。

特にボスはほとんど怯まないので、ダメージを与えられるタイミングが少ないのも難点です。

3Dや0.2BbSでは行動不能系の状態異常にかかることが多かったのも厄介でした。

 

ただ、BbSのHD版ではEXPゼロのアビリティに最低ダメージ補正が追加されたり、3DのHD版ではザコ敵が怯みやすくなってたり、クリティカルモードの与ダメージが少し上がったりと改善されてます。

3DS版の3Dは開発期間が短かったのもバランス調整不足の原因でしょう。

キングダムハーツ3は開発期間が長いので、しっかり調整していると思いたいです!

まとめ

リク

キングダムハーツシリーズは2019年に発売されるゲームの中でも特に期待大の作品です!!

そして3は今までの集大成の戦闘システム、真XIII機関との戦い、BbS組の救済、ディズニー映画に忠実なグラフィックなど見どころ満載ですよね!

ファンとしては絶対発売日にプレイしたいところです!

発売日を楽しみに待たせて頂きます!!

 

関連記事

キングダム ハーツ ファイナルミックス【レビュー】

キングダム ハーツ Re:チェイン オブ メモリーズ【レビュー】

キングダム ハーツII ファイナルミックス【レビュー】

キングダム ハーツ バース バイ スリープ ファイナルミックス【レビュー】

キングダム ハーツ ドリーム ドロップ ディスタンス【レビュー】

キングダム ハーツ 0.2 バース バイ スリープ -フラグメンタリー パッセージ-【レビュー】

 



2 件のコメント

  • 大阪チームという言葉がありますが、正確には大阪を母体とした東京との連合チーム(BD3)がKH3を開発しています。

    ただ大阪チームが主力なのには変わりありません。そもそも東京チームの多数はヴェルサス13の開発に当たって以降、移籍した者も多いのではと思いますから。

    2FMなどと比較され、批判もされがちだった大阪チームが今では唯一のキングダムハーツチームの母体となるのですから、不思議な運命です。3を発売すればまた色々言われる気がしますが、面白いゲームになっていてほしいです。

    • 東京のチームも何人かは参加されてたのですね!
      兼森さんが退社してしまったのは残念ですが、KH3は開発期間が長いのでじっくりとバランス調整してくれそうですね。
      僕も大阪チーム開発のBbSや3Dのレビューでは2FMと比較して惜しい点を挙げたりはしましたが、何だかんだ大阪チームの作品も好きですよ!

      3は今までの集大成のようなシステムになりそうなので、発売日が待ち遠しいです!
      もちろんストーリーも期待してますよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    雪月あきら

    ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!