グラビティデイズ(PS4)【レビュー】斬新な重力アクションとスチームパンクな世界観が魅力的!




グラビティデイズ PS4版

PSVita初期に発売され、高評価を得たあの名作アクション「グラビティデイズ」の感想を書いていきます!

本作は重力を操る少女キトゥンを操り、空中都市ヘキサヴィルを飛び回るアクション・アドベンチャーゲームです!

 

本記事はPS4版のレビューとなります。

PS4版はHDリマスターに定評のあるBluepointGamesが移植を担当されたので、画質だけでなく遊びやすさもパワーアップしてますよ!

作品情報

製品名:GRAVITY DAZE / 重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動

対応機種:プレイステーション4、プレイステーション・ヴィータ(オリジナル版)

ジャンル:重力アクション・アドベンチャー

発売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント

開発元:SCEジャパンスタジオ、BluepointGames(PS4版)

発売日:2015年12月10日(PSVita版:2012年2月9日)

CERO:C

PSVita版との違い

グラビティデイズ キトゥン リンゴ
  • 当然ながら画質が向上!描画範囲も上がり、グラフィックそのものも綺麗になっています!
  • フレームレートが30fpsから60fpsに向上して動きが滑らかに!
  • DLCが最初から収録されていてお得!
  • ギャラリーモードの追加!美しいイラストを堪能できます!
  • ロード時間が速くなっているため快適さがアップ!

評価点

新感覚の重力アクション

グラビティデイズ 重力操作

グラビティデイズ最大の特徴は、重力を操って空を飛び回ったり壁を滑走する爽快なアクションです!

オープンワールドのゲームはマップが広い分移動が面倒に感じることが多いですが、本作はこの重力操作のおかげで移動が楽しかったです♪

自由に空を飛び回るのはとても気持ちがいいですし、重力スライドのスピード感も癖になりますよ!

住民やオブジェクトを蹴散らしながら爆走しましょう!(笑)

広大な空中都市「ヘキサヴィル」

グラビティデイズ 旧市街オルドノワ

グラビティデイズの舞台となる空中都市「ヘキサヴィル」はエリアごとに特色があり、全ての街がシームレスで繋がってます。

街はストーリーを進めるごとに新しいエリアが開放されていきますよ!

元が携帯機のゲームとは思えないほどマップが広大で、街一つ一つの作りこみが半端無いです!!

 

街や異空間(ダンジョン)には能力を強化するために必要なジェムがあちこちに散らばってます。

街は広いだけでなく高低差もあり複雑な構造なので、ジェムを探す楽しみもありますよ!

田中公平さんのオーケストラ調BGM

音楽はTVアニメ「ワンピース」や「サクラ大戦」などで有名な田中公平さんが担当しています。

オーケストラ調のBGMは非常にクオリティが高く、グラビティデイズの世界観にマッチしています!

 

全体的にハイクオリティなBGMですが、特に戦闘やチャレンジミッションで何度も聴くことになる「反抗と殲滅」という曲が一番のお気に入り♪

疾走感あるヒロイックな曲調が魅力で何度聴いても飽きません!

魅力的なキャラクター

グラビティデイズ キトゥン ダスティ

重力を操る力を持った謎の少女「キトゥン」がグラビティデイズの主人公です。

困っている人を放っておけない性格でとても好感が持てるキャラですよ!

キトゥンと同じく重力を操る力を持つ「クロウ」もクールで格好良いライバルキャラですし、お調子者の「シドー」もどこか憎めないところがあります!

コミック調のイベントシーン

グラビティデイズ コミック調のイベントシーン

メインストーリーは漫画形式で進むのでテンポが非常に良いです!

グラビティデイズはムービーだらけの作品が苦手な方にもオススメですよ!

コミックパートでは×ボタンを押すことで1つ前のコマに戻れるので、間違って読み飛ばしてしまった時も安心です!

(コミックパートが終了すると戻れませんけどね。)



不満点&気になったところ

戦闘が単調

グラビティデイズ 重力キック

戦闘では殆ど重力キックばかり使ってました。

重力スローは周りに物が落ちてなければ使用することができないので、使いたいときに使えないことが結構あります。

必殺技は強力ですが、一度使うとしばらく待たなければ使えません。

そのため基本的には重力キックがメインの戦法になりがちなのです。

 

それでも、敵のコアを破壊したときの効果音が気持ち良いので爽快感は充分感じられましたよ!

ややボリューム不足

グラビティデイズ ダウンタウン ヴァン・ダ・センタリアレ

サイドストーリーを含めてもエンディングまでのプレイ時間は短めです。

メインストーリーは謎を残したまま終わってしまうので、2をクリアするまではモヤモヤしてしまうでしょう。

 

しかしストーリーをクリアするだけならすぐに終わりますが、ジェム集めやチャレンジミッションなどのやりこみ要素があるのでクリア後も楽しめますよ!

まとめ

グラビティデイズは、斬新なアクションゲームを求めている方には特にオススメできる一本です!

アクションだけでなく、スチームパンクな世界観も魅力的なので雰囲気重視の方にもプレイして頂きたいです!

ただ、ゲームの特性上視点がグルグルと動くゲームなので、3D酔いしやすい方は注意してください!

 

プレイ時間:25時間

個人的評価:A

 

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

関連記事

グラビティデイズ2【レビュー】

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!