新型Switch(有機ELモデル)は買いなのか?感想まとめ!

こんにちは、雪月あきら(@snowmoon0328)です。

ついに新型ニンテンドースイッチが発表されましたね!

その名も「Nintendo Switch(有機ELモデル)」!

(以下新型Switch)

価格は37,980円(税込)で、発売日は2021年10月8日です。

カラーはお馴染みのネオンブルー・ネオンレッドとホワイトの2色が発売!

ホワイトはドッグも白となってます。

今回は新型Switchの特徴と感想を語っていきますよ!

 

情報ソース・画像出典:公式動画

Nintendo Switch(有機ELモデル)の特徴

  • 画面が液晶から有機ELに変更
  • 有線LAN端子を標準搭載
  • 本体の容量が64GBに増加
  • 画面サイズが6.2インチから7インチに拡大
  • 背面スタンドが好きな場所で止められるフリーストップスタンドに変更
  • スピーカーを高性能なものに変更

 

画面やスピーカーの進化、背面スタンドの拡大など、携帯モードで恩恵を得られる進化が多いと感じました。

液晶画面から初期型プレイステーションVITAで使われた有機ELに変更されたことで、画面の明暗の表現がより美しいものになるでしょう!

本体の容量が増えたことにより、マイクロSDカードを購入しなくてもある程度ダウンロード版ソフトを購入できる点も見逃せません。

有線LAN端子を標準搭載しているので、TVモードでマルチプレイやネット対戦をする人にも恩恵はありますよ!



で、結局新型は買いなの?

有機ELモデルは買いなのかというと、まだSwitchを持ってない人や、壊れてしまったので新しい本体を買う必要がある人は選択肢に入れても良いでしょう。

新型は有機ELや強化されたスピーカーなど、携帯モード向けの強化が多いので、携帯モードメインでプレイされている方もアリかもしれません。

 

しかし、すでに本体をお持ちの方、特にTVモードメインでプレイされている方は買い替える必要はないと思います。

AUTOMATONの記事によると、多くの方が期待していたグラフィック性能自体はそのままのようですからね。

容量や有線LAN端子など、TVモードでも恩恵を受ける部分はありますが、大容量のマイクロSDカードや外付け有線LAN端子で補えます。

ホワイトのカラーがどうしても欲しいとかでなければ、無理して買い替える必要はないでしょう。

新型Switchの正直な感想

正直に言わせて頂くと、有機ELやスピーカー、本体容量を強化するよりは、グラフィック性能を上げていただきたかったです。

個人的な話になってしまいますが、僕の場合、大作ソフトはほぼTVモードでプレイしますし、ヘッドホン派なのでスピーカー強化の恩恵も受けられません。

有線LAN端子も、あまりマルチプレイをやらない僕には必要ありませんし、正直外付けで十分だと思ってます。

FFCCを無線でマルチプレイしていた時も、そこまで不便に感じませんでしたからね。

格闘ゲームとかだとまた話が変わってきそうですが。

 

新型で強化された部分のコストでグラフィック性能を強化して、携帯モードでも最大1080pでプレイできるようにしていただきたかったです。

グラフィック性能が上がれば、処理落ちしがちな作品も改善されるでしょう。

携帯モードだと解像度がかなり落ちるゼノブレイドシリーズを綺麗な画質でプレイしたいなぁ…。

まとめ

ニンテンドースイッチ 有機ELモデル

不満も書きましたが、Nintendo Switch(有機ELモデル)は携帯モードメインでプレイされる方には良いモデルだと思います。

グラフィック性能自体は上がりませんが、2Dのゲームや携帯モードで安定して解像度720pが出る作品であれば、有機ELによる発色の良さによってかなり綺麗に見えることでしょう!

本体容量の増加や有線LAN端子の標準搭載など、他にも進化した部分があるので、これからSwitchを購入しようと思っていた方も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

発売日は2021年10月8日で、予約開始は9月下旬ごろです。

転売屋に狙われる可能性もあるので、欲しい方は9月になったら常に情報をチェックしておきましょう!



ABOUTこの記事をかいた人

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!