FF7RのPS5版が発表!ユフィが主人公のDLCや派生作品など新情報盛りだくさん!

こんにちは、雪月あきら(@snowmoon0328)です。

2月26日の「State of Play」にて、『ファイナルファンタジーVIIリメイク』(FF7R)のPS5版、
ファイナルファンタジーVIIリメイク インターグレード』が発表されました。

発売日は2021年の6月10日です。

思ってたより早い!

PS5版は映像表現以外にも様々な点がパワーアップしているので、PS4版をプレイしていても楽しめそうです!

 

また、FF7Rの派生作品といえるスマホゲームが2作品発表されました。

FF7Rの世界により深く入り込むためには、プレイしておいたほうが良さそうです!

今回はFF7R関連の情報をまとめていきますよ!

 

情報ソース・画像出典:公式サイト、公式動画

PS5『ファイナルファンタジーVIIリメイク インターグレード』が発表!

PS4版との違い

クラウド vs セフィロス
  • グラフィックの向上
  • 4K画質でプレイ可能な「グラフィックモード」と60fpsでプレイ可能な「パフォーマンスモード」のどちらかを選択可能
  • クラシックモードを難易度ノーマルでプレイ可能に
  • フォトモードの追加

 

PS5版の魅力は何と言ってもグラフィックの向上!

ただでさえ綺麗なグラフィックでしたが、ライティング表現や質感などがよりパワーアップしているようです。

公式サイトによると背景も綺麗になっているのだとか!

PS4版は背景が粗い箇所がいくつかあったので、改善されていたら嬉しいです!

画質を重視するか、フレームレートを重視するかを選択できるのも嬉しい♪

 

PS4版ではイージーだけだったクラシックモードがノーマルの難易度でもプレイ可能になりました。

アクション部分を自動で行うクラシックモードは、アクションが苦手な人やオリジナル版に近い雰囲気でバトルしたい人に嬉しい機能です。

しかし、敵の強さがイージー相当なので、「オリジナル版に近いシステムで戦いたいけど歯ごたえがない!」という意見もありました。

FF7Rはノーマルでもなかなか歯ごたえがあるので、アクションよりも戦略性を重視する方には嬉しい改善点ですね!

 

フォトモードの追加はとても嬉しい!

最近の大作ゲームってフォトモードが付いている作品が多いですよね。

FF7Rは廃墟好きにはたまらない風景が満載なので、思わず足を止めて風景に見とれてしまったこともありました。

フォトモードでは時間を止めて好きな角度で撮れますし、フィルター機能も存在します。

僕がPS5版をプレイしたら、PS4版以上に足を止めてスクショを撮りまくって、ストーリーがなかなか進行しないなんてことになりそう(笑)

ユフィが主人公の追加エピソードをプレイできるDLC

FF7R ユフィ

PS5版ではユフィが主人公の追加エピソードが含まれています。

ストーリーは神羅カンパニーが開発した「究極マテリア」を狙って、ウータイの仲間とミッドガルに潜入するというもの。

どんなストーリーになるのか、本編の続編にどのような影響を与えるのか楽しみです!

『ダージュ オブ ケルベロス』のキャラがこのエピソードに登場するようですが…。

 

ユフィは忍者キャラなためか、動画ではかなりスピーディーな戦いを見せてくれました。

動かしていて楽しそうなキャラですねぇ!

ダンジョン探索時の動きも可愛いです♪

 

ただ、この追加エピソードがプレイできるのはPS5版だけなのが残念。

PS5は入手困難な状況が続いているので、発売日にプレイできない人が続出しそうです。

色々大人の事情があるのかもしれないけど、PS4版でもプレイさせてほしかったなぁ。

PS4版を持っていれば100円でアップグレード可能!

一見完全版商法にも見えるインターグレードですが、PS4版を持っていれば100円(税込)を支払うことでPS5版にアップグレード可能です。

PS5版のパッケージが欲しいとかでなければ、新たに購入する必要はありません。

ただし、PS4版からのアップグレードの場合は、追加エピソードに関しては2,178円(税込)を支払う必要があります。

ボリュームにもよりますが、FF7Rの新たなエピソードをプレイできると考えると安く感じます!



FF7R関連のスマホゲームが2作品発表!

ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー

スマホ向けのバトルロイヤルアクション、『ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー』が発表されました。

本編の約30年前のミッドガルを舞台に、ソルジャー候補生となったプレイヤーが生き残りを賭けて戦うという内容です。

動画では銃で戦っているシーンが多いですが、格闘や魔法攻撃、召喚魔法も可能!

アクションは多彩に見えますし、魔法によるサポートなど戦略性もありそうです。

 

というかこれ本当にスマホゲームですか!?

グラフィック綺麗すぎなんですけど!

流石にFF7R本編と比べれば劣りますが、スマホゲームとしては最高峰の3Dグラフィックなのではないでしょうか?

ファイナルファンタジーVII エバークライシス

もうひとつのスマホゲーム『ファイナルファンタジーVII エバークライシス』も発表されました!

配信は2022年予定。

「もうひとつのリメイクの可能性」とあるように、3等身くらいのキャラがオリジナル版FF7に近いマップを探索する章立て配信のRPGです。

『ファイナルファンタジーXV ポケットエディション』に近い感じなのかな?

欲を言えば、キャラのイラストはもう少し野村さんの絵柄に近づけてほしかったです。

等身が低い3Dグラフィックは気に入りましたけどね!

 

『ファイナルファンタジーVII』コンピレーションシリーズ完全網羅とあるので、派生作品の

  • 『アドベント チルドレン』
  • 『ビフォア クライシス』
  • 『クライシス コア』
  • 『ダージュ オブ ケルベロス』

のストーリーもプレイできるようです。

これは素晴らしい!

映像作品のアドベントチルドレンはともかく、他の作品は現在ではプレイするハードルがやや高いですからね。

 

そしてこっちもグラフィックすげぇ!!

通常時の3Dグラフィックは一般的なスマホゲームレベルですが、戦闘になるとFF7Rのようなリアル系グラフィックとなります。

パッと見ではFF7Rと遜色ないほど綺麗だと感じました!

召喚魔法も凄い迫力!!

派生作品の戦闘時もFF7Rに近いグラフィックになるのかな?

コンシューマーゲームとして出してほしかった!

派生作品の2つはどちらも興味がありますが、コンシューマー派としてはコンシューマーゲームとして出してほしかったです。

スマホでプレイできるのは凄いと感じた反面、これだけハイレベルなグラフィックだとスマホに負担がかかりそうだと感じました。

それに『ザ ファーストソルジャー』はスマホだと操作し辛そうですからね。

PS4やSwitchでプレイしてみたかったなぁ。

FF7Rの続編を開発するための資金集めの面もあるのかもしれませんけどね。

でもこれらのスマホゲームも結構開発費かかってそう。

 

ただ、『エバークライシス』は全てのエピソードが配信されたら、FF15ポケットエディションのようにコンシューマー機に移植されるかもしれません。

原作からカットされるエピソードもあるかもしれませんが、全ての派生作品のエピソードを収録したらとんでもないボリュームになりそうです!

2021年3月のPS PlusのフリープレイにFF7Rが登場!

3月にPS PlusのフリープレイにPS4版『ファイナルファンタジーVIIリメイク』が登場します。

PS4のフリープレイにはFFシリーズは来ないイメージがあったので驚きました!

PS Plusに加入していて、FF7Rをまだプレイしていない方は手を出してみてはいかがでしょうか?

 

ただし、フリープレイ版はPS5版へのアップグレードには対応していないので注意してください!

「当分PS5を購入する予定はないけど、興味があったのでプレイしてみたい!」という人向けなのかもしれませんね。

FF7Rのサントラがサブスクで配信!

ヘッドホン

『ファイナルファンタジーVIIリメイク』のサウンドトラックが定額制聴き放題サービス(サブスク)で配信!

「Apple Music」「Amazon Music」「Spotify」「LINE MUSIC」などに対応しています。

これはめっちゃ嬉しい!!

買うと6,500円ほどしますからね。

CD7枚分のボリュームは半端じゃないですよ!

 

未収録曲を収録したサウンドトラックプラスも配信されないかなぁ(贅沢)

 

まとめ

モーグリのフードを被ったユフィ

今回の『ファイナルファンタジーVIIリメイク』関連の情報、凄まじかったですね!

PS5版はフォトモードで綺麗なスクショを撮りまくれるのが羨ましい!

4K画質か60fpsでプレイできるのも魅力ですね♪

 

派生作品はコンシューマーゲームとして出してほしかったものの、どちらもFF7好きにはたまらない作品になりそうです。

特に『エバークライシス』はかなり気になる!

 

今後もFF7R関連の情報は要チェックですね。

本編の続編にも期待してます!

 

関連記事

FF7リメイク 起動時

ファイナルファンタジー7リメイク【レビュー】分作も納得の作り込み!現代の技術で再誕した新生FF7!

 



ABOUTこの記事をかいた人

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!