ファイナルファンタジー7リメイク(FF7R)【体験版レビュー】このクオリティなら分作になるのも納得!

FF7R 体験版レビュー

こんにちは、雪月あきら(@snowmoon0328)です。

3月2日に「ファイナルファンタジーVIIリメイク」(FF7R)の体験版が配信されました。

体験版では最初のイベント「壱番魔晄炉爆破作戦」をプレイできます。

 

体験版をプレイした感想ですが、これは制作に時間掛かるし分割商法になるのも納得のクオリティだと感じました!

スタッフの方々には完結まで頑張って頂きたいです!

感想を書いていきますよ!

 

僕はノーマルモードでプレイしました。

イージーモードもプレイしましたよ!

ちなみに体験版の容量は7GBほどで、製品版へのデータ引き継ぎはできません。

 

どんなゲーム?
  • FF7が最新の技術でフルリメイク
  • アクションとコマンドが融合したバトル
  • ロードを挟まないシームレスなゲーム進行

FF7リメイク体験版の感想

超クオリティのグラフィック

クラウド

FF7Rはアンリアルエンジン4によって制作されており、凄まじくハイクオリティです!

肌は現実さながらのリアルさで、毛穴までしっかり描写されています。

(ここまでリアルなのは好みが分かれそうですが)

髪の毛もFF15と比べるとジャギーが少なくて綺麗だと感じました!

 

攻撃時のエフェクト

攻撃した時に出る火花や魔法エフェクトもド派手ですよ!

フレームレートは30fpsですが、極端に処理落ちする場面はありませんでした。

 

壱番魔晄炉

魔晄炉のグラフィックも凄く綺麗!

オリジナル版でも背景グラフィックはとても綺麗だと感じてましたが、リアルなキャラグラフィックに合わせてスケールアップしてますよ!

リメイク版の雰囲気にマッチしたアレンジBGM

エアリス

オリジナル版のFF7は名曲揃いでしたが、リメイク版はリアルな雰囲気にマッチした映画的なBGMにアレンジされました。

最初に流れる「オープニング~爆破ミッション」はムービーの尺に合わせて追加されたフレーズがあります。

ボス戦での「更に闘う者達」のオーケストラアレンジもカッコいい!!

 

さらに魔晄炉のBGMは戦闘になるとアップテンポなアレンジ版にシームレスで切り替わる演出があるんです!

他のダンジョンでも同じような演出はあるのでしょうか?

細かなカットシーンの追加

ジェシー

FF7Rはオリジナル版からカットシーンがいくつか追加されました。

カットシーンひとつひとつは短めなのでテンポは削がれませんし、アバランチのメンバーにより愛着が湧きましたよ!

ジェシーはなかなかの美人さんですねぇ♪

 

クラウドとバレット

バレットは声がついたことで、オリジナル版以上にハイテンションなキャラに感じました(笑)

というかこんなにハイテンションでしたっけ?

でも敵の小型ロボを倒すシーンはカッコよかったです!



アクションとコマンドを融合させたバトルシステム

コマンド選択

バトルシステムはアクションバトルとコマンドバトルの融合という印象を受けました!

通常攻撃や防御、回避はキングダムハーツのようなアクションバトルですが、魔法やアイテムを使う時はコマンドを開いて選択します。

コマンドを開いている間は時間の流れが超スローになるので慌てる必要はありません。

 

「コマンドを毎回開くのは面倒だなぁ」と思われましたか?

ご安心下さい!

キングダムハーツシリーズのように魔法やアイテムをショートカットコマンドとして登録できます。

よく使うコマンドを登録しておきましょう!

 

しかし、ATBゲージが溜まっていなければコマンドは使用できないので、大量に回復アイテムを用意してゴリ押しなんてことは不可能です。

ATBゲージは時間経過でも溜まりますが、通常攻撃を行えば速く溜まるので敵のスキを見極めてガンガン攻撃しましょう!

クラウドの「ブレイブモード」やバレットの「ぶっぱなす」のように、各キャラの独自コマンドで攻撃すればさらに速く溜まりますよ!

なかなかの難易度

ガードスコーピオン戦

FF7はオリジナル版がそれほど高難易度ではなかったので、リメイク版も楽勝なのではと高を括ってました。

しかし最初のダンジョンであるにも関わらず、本作の敵はなかなかの強さ!

油断していたらあっという間にやられてしまうでしょう。

 

特にボスの「ガードスコーピオン」は凄く強い!!

最初のボスとは思えない攻撃の激しさでクラウドが2回倒されました(汗)

他のボスはどれだけ強いんだろう…。

 

しかし本作には難易度選択がありますし、アクションが自動で行われるクラシックモードも存在します。

クラシックモードならコマンド選択に専念できるので、アクション初心者の方も安心してプレイできますよ♪

(クラシックモードの敵の強さはイージーモードと同じです)

気になるロード時間は?

プレジデントとハイデッカーの会話シーン

「これだけグラフィックが綺麗だとロード時間も長そうだなぁ」と思う方もいるでしょう。

しかし、FF7Rはロードめっちゃ速いです!!

タイトル画面からゲーム開始まで4秒程度でしたし、シーンスキップ時も同じくらいでした。

プレイ中は一切ロードが入らず、マップもシームレスなので没入感が凄い!

さらにカットシーンへの移行もほぼ暗転なしなのでスムーズですよ!

 

さらにカットシーンで場面がプレジデントとハイデッカーの会話シーンに切り替わる時も一瞬でした!

場所が変わればその場所のデータも読み込まなければならないはずなのにこんなにも速いとは…。

切り替わる前のシーンで上手く読み込んでいるのでしょう。

(多分プリレンダムービーではないと思います)

FF7Rチームの技術力の高さに驚きました!

補足

あくまで体験版の部分の話です。

また、僕はPS4proでプレイしたので、通常のPS4だとシーンスキップ時のロードはもう少し長いかもしれません。

体験版をプレイして気になったところ

硬い敵が多い

ガードスコーピオン

FF7Rはザコ・ボス共になかなか硬いと感じました。

兵士はそれほど硬くありませんが、ロボ系の敵や体験版の最後の方に出現する戦闘員はなかなか倒れてくれません。

ガードスコーピオンはボスとはいえ、かなり時間がかかりました。

 

おそらくは敵をBURST状態(ダメージ倍率がUP)にすること前提でHPが設定されているのだと思います。

それでも個人的には今の7割程度のHPが丁度良いなと感じました。

 

これはノーマルモードの場合です。

イージーモードでもプレイしてみましたが、こちらはサクサク進みますよ♪

メニュー画面からアイテムを使用できない

メニュー画面 アイテム一覧

非戦闘時も◯ボタンでコマンドを開けばアイテムを使用できますが、メニュー画面からは使用できません。

所持しているアイテムを確認することはできますが、そこで使用できても良かったのではないかと思います。

メニュー画面を閉じれば使用できるのでそこまで問題ではありませんが、少し気になりました。

まとめ

オープニング FF7Rタイトルロゴ

野村哲也さんがディレクターということで元々期待していたFF7Rですが、体験版をプレイしたことでその期待値はさらに高まりました!

分作(分割商法)になることが発表された時は物議を醸しましたし、僕もいつ完結するのか不安になったことはあります。

しかし、このクオリティで最後まで作ってくれるのであれば分作になるのも納得!

完結まで時間は掛かると思いますが、最後までプレイしたいです!

 

「ファイナルファンタジーVIIリメイク」は 2020年4月10日に全世界同時発売です!

購入を迷っている方はぜひ体験版をプレイしてみて下さい!

関連記事

FF7 レビュー

ファイナルファンタジー7【レビュー】PSを大ヒットに導いた超大作RPG!

 



ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!