ゲームをやりすぎてしまう人のための3つの対策!依存しすぎると日常生活に悪影響が…。

ゲームに熱中

こんにちは、ゲームをやりすぎてブログ更新をサボりがちな雪月あきらです(汗)

あなたはゲームを何時間も連続でプレイしてしまって、やるべきことができなかったということはありませんか?

ゲームはとても楽しいですが、やりすぎてしまうと日常生活に支障が出てしまいます。

今回はゲーム依存と上手く付き合うための方法を考えてみました!

 

ちなみに、ゲームを卒業するという選択肢はありません!

一回のプレイ時間が長くなってしまう原因

中毒性の高いシステムがある

デッキコマンド コマンドチャージ

例えば僕が現在プレイしている「キングダムハーツ バースバイスリープ」ですが、このゲームはコマンド(技や魔法)を成長させるシステムがあります。

戦闘をすればするほどキャラに装備しているコマンドがレベルアップしていきます。

レベルを一定まで上げると別のコマンドと合成させて強力なコマンドを生成することもできます。

更に、合成時に素材アイテムを使うことで、戦闘を有利にするアビリティも手に入ります。

そのため、強いコマンドとアビリティを作るために戦闘とコマンド合成を何回も繰り返してしまうのです。

プレイしてみると分かるのですが、この成長システムはかなりハマりますよ!

 

レアブレイド トキハ

「ゼノブレイド2」にもブレイド同調という中毒性が高いシステムがあります。

ゲーム内で手に入るコアクリスタルというアイテムを使用することでブレイドと呼ばれるサポートキャラクターを入手することができます。

中には複数の有名なイラストレーターがデザインしたレアブレイドと呼ばれる個性的なブレイドが存在します。

もちろん出る確率はとても低いです。

目当てのレアブレイドを出すためにはレア度の高いコアクリスタルが大量に必要なので、同じユニークモンスターと何度も同じ戦法で戦うことになるのです。

ソーシャルゲームのガチャにハマってしまう人の気持ちが分かりました(汗)

 

どちらも傍から見れば単純作業のように感じるかもしれませんが、単純ゆえにハマってしまうのです。

毎回同じことをやるだけで結果が出ますからね…。

コンプリートを目指している

勇者

アイテムを全部入手しようとしたり、隠しボスを全員倒そうとしたりすれば、やはりかなりの時間がかかってしまいます。

僕も初代「キングダムハーツ」(PS3版)ではコンプリートを目指してレア素材集めとかやりましたよ!

最近は積んでいるゲームが多いのでなかなか1つのゲームをやり込めないですけどね(汗)

 

もちろんコンプリートを目指すことが悪いわけではありません。

コンプリートしたくなるほどそのゲームを愛しているということですから、とても良いことですよ!

1つのゲームに熱中できればコストパフォーマンスも良いですからね♪

ストーリーの続きが気になる

to be continued

ストーリーが優れたゲームは先の展開を早く知りたくなるため、何時間も連続でプレイしてしまうことがありました。

発売したばかりのゲームは早くクリアすることでネタバレを防ぐこともできます。

 

また、ストーリー重視のゲームはイベントシーンが長い作品が多いです。

イベントシーンがムービー形式だとセリフを送れないので、ムービーが多い作品だとそれだけで時間を消費してしまうでしょう。

やるべきことに対するモチベーションが上がらない

ダラケ癖

僕の場合は仕事探しやブログの更新ですが、どちらも最近はかなり迷走していたのでなかなかやる気が出ませんでした。

何をやっても上手くいかないとゲームに逃げたくなるのです。

実際ゲームをプレイしていると一時的に快楽を得ることができます。

 

しかし、やるべきことができていないのにゲームをプレイしてしまい、後から自己嫌悪に陥ってしまうことが多々ありました。

やはりゲームをプレイするのであれば、プレイ後に良い気分になりたいものですね。



ゲームをやりすぎないようにするための対策

頑張ったご褒美としてプレイする

自分へのご褒美

ゲームをプレイしてからやるべきことをやろうとしても、思っていた以上にプレイしてしまって結局できなかったことが多々ありました。

それなら最初にやるべきことをやってから、頑張ったご褒美としてプレイするのが良いでしょう!

「これが終わったらゲームができる!」

と思えば勉強や仕事に対するモチベーションもアップするはずです!

 

ただし、ご褒美とは言っても睡眠時間を削ってまでプレイするのは良くありません。

長時間プレイしすぎて明日の仕事に影響が出ないようにしたいですね!

プレイする時間をしっかり決める

セーブポイント

時間を決めてプレイしないと何時間もやってしまいがちです。

タイマーを使って時間を制限し、時間切れまでに中断できるようにプレイすると良いでしょう!

 

一度決めた時間は1分たりともオーバーしないという強い意志も必要です。

「5分程度ならオーバーしてもいいや♪」

と思ってしまうとそれが癖になってしまい、最終的にはタイマーを使わなくなってしまうからです。

最近のゲーム機は中断したままスタンバイモードにできるので、中断のハードルが大分下がりました。

ボス戦の途中でもタイマーが鳴ったら潔く中断しましょう!

 

RPGではラスボスを倒した後、ほぼ確実に長いイベントシーンが挿入されます。

感動のイベントシーンを中断したくない場合は一度ラスボス戦直前でセーブして、次の日にプレイすると良いでしょう!

積みゲーを増やさない

積みゲー

積んでいるゲームが多いと、「早くクリアして積んでいるゲームを消化しなきゃ!」という考えになりがちです。

少しでも早くクリアして次の作品を消化するために多くの時間を使いたくなるのです。

こうなると義務感でプレイすることになってしまい、1本のゲームに対する愛も薄れてしまいます。

 

僕は今までかなり積んでいたので、今年はゲームの購入を極力控えております。

本命中の本命しか購入しておりません。

現在は大分積みゲーをクリアすることができました。

しかし、積んでいるゲームを「消化」するという気持ちでプレイしたくはありません。

去年はゲームを購入しすぎて、正直「消化」になってしまった作品もありました。

これからは購入するゲームを厳選して、1本1本大切にプレイしたいです!

まとめ

懐中時計

ゲームに限らず、楽しいことは時間泥棒でもあります。

いくらゲームが楽しくても、プレイしすぎて日常生活に影響が出てしまうのはやはり良くありません。

勉強や仕事を成功させるためにも、ゲームをプレイする時間をしっかりと管理したいですね!

僕は最近ゲーム依存が酷かったので実践できるように頑張ります!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!