低評価のゲームレビュー記事って難しい!不快感なく読めるようにしたい!




レビュアー(☆1)

こんにちは、ゲームレビュー記事をなかなか増やせなくて悩んでいる雪月あきらです(汗)

様々なゲームレビューを投稿してきましたが実はこのブログ、低評価のゲームレビュー記事が少ないのです。

 

「そんなに良作ゲームばかりやってるの?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

確かに僕はある程度評判を調べてから購入したり、PVである程度地雷臭を察知できるのでガッカリゲーを回避しやすいです。

しかし、それでもガッカリゲーに当たってしまうことはありますよ。

 

では何故低評価のレビューが少ないのか。

その理由を書いていきますよ!

好きなゲームのレビューは楽しく書けるけど…。

白紙の手帳

何故低評価のゲームレビュー記事が少ないのか。

それは書くのが難しいからです!

正直好きになれなかったゲームのレビューってあまり楽しく書けないんです。

 

僕のブログでは、ゲームレビュー記事は最後に個人的評価でS~Eまでのランク付けをしています。

しかし、当ブログはSランクとAランクのレビュー記事が多く、DランクとEランクを付けた作品はとても少ないです。

 

Cランクが低評価だと感じる方もいるかもしれませんが、このブログではCランクまでは好きな作品です。

Cランクのゲームは面白いけどボリューム不足だったり目立った欠点があるゲームですが、キャラクターや世界観が魅力的な作品が多いです。

雰囲気ゲー率高し!

欠点が多いゲームでも好きなゲームなら楽しくレビュー記事を書くことができます!

なぜ低評価のレビューは書くのが難しいのか?

合わなかったゲームは大体売ってしまう

夜のソフマップ

ゲームを入れる棚にも容量がありますので、合わないと感じたら売ってしまうことが多いです。

発売したばかりのゲームなら評価が低くてもそこそこの値段が付く場合もありますからね。

 

記憶を頼りに売ったゲームのレビュー記事を書くのもなかなか難しいです。

もちろん強烈な欠点があった場合は印象に残るので別ですが、そうでない場合はいい加減な記事になってしまいそうなのです。

クリアまで行かないことが多い

ゲームに熱中

自分に合わなかったゲームって、エンディングにたどり着く前にやめてしまうことが多いんです。

どうしても合わないゲームって正直プレイしていて苦痛なんですよね。

そんな合わないゲームを無理してプレイするくらいなら、別のゲームをプレイした方が有意義な時間を過ごせると思うんです。

 

ただ、僕は基本的にエンディングを見てからレビュー記事を書くようにしています。

(終わりが無いゲームは飽きた辺りで書くと思いますが。)

そのため、クリアできなかったゲームはレビュー記事を書けないんです(泣)

 

「クリアを断念したゲーム一覧」という記事を作ってみるのもいいかも?

愚痴っぽくなってしまう

ダラダラとネットサーフィン

ガッカリしたゲームのレビューを書いていると、どうしても不満点ばかり書かなければならないので愚痴っぽくなってしまいます。

クリアした直後はマイナスの感情が残っている状態なのでひどいレビューを書いてしまいそうです。

最悪炎上に発展してしまう恐れも…。

そう考えるとなかなか書く気が起きないのです。



低評価のレビューも必要!?

パソコンを操作する男性

とはいえ、たまには低評価のゲームレビューも書かないとゲームブログとしてはイマイチですよね?

どんなゲームでも褒めてばかり。

そんな悪い意味で空気を読みすぎるブログだとかえって胡散臭く感じてしまうかも(汗)

 

それに、僕が合わないと感じたゲームがどんな作品なのかを知りたい読者の方もいるかもしれません。

なので改善案を考えてみます!

低評価レビュー記事を増やすための改善案

時間を置いてから投稿する

コーヒーと音楽プレーヤー

最近の僕はゲームをプレイしながらそのゲームのレビュー記事を書いております。

そのため、クリア後は割とすぐにレビュー記事を投稿できます。

しかし、ガッカリゲーだった場合は文章に負の感情がこもっていることも…。

 

ガッカリしたゲームのレビュー記事を投稿する場合は、少し寝かせてからの方がいいでしょう。

熱が冷めてから読み返すことで感情的に書いてしまった部分がわかるので、より良い文章に直すことができるでしょう。

そのゲームの良い部分も見えてくるかもしれません。

悪いところをネタにしてみる

てへぺろのイラスト(男の子)

そのゲームの悪い部分を面白おかしく書くことで、低評価レビューも楽しく読めるのではないかと思います。

  • バグが発生したシーンをネタにする
  • そのゲームの弱みを強みに変換して評価する
  • 変わった楽しみ方を探してみる

などです。

もちろん、嫌味っぽくならないように注意する必要はありますけどね…。

まとめ

PS4コントローラーとノートパソコン

自分に合わなかったゲームを評価するのってなかなか難しいですよね。

どんなゲームにだってファンはいるのですから、あまり負の感情をこめて書いてしまうと読者の方を不快にさせてしまいます。

そうならないように、低評価を付けるゲームのレビュー記事は気をつけるようにしたいです!

書き手も読み手も楽しめるような記事を心掛けます!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

雪月あきら

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!