ANUBIS ZOE(PS4)【レビュー】簡単操作で爽快バトルが楽しめる傑作ロボットアクション!

ANUBIS イメージイラスト

こんにちは、雪月あきら(@snowmoon0328)です。

「PS4でハイスピードなロボットアクションがやりたい!」

そんなあなたにおすすめなのが
ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS

簡単操作で爽快かつハイスピードなアクションを楽しめますよ!

元々はPS2で発売された作品ですが、PS3でリマスターされ、PS4でさらに美麗なグラフィックで蘇りました!

 

僕はノーマルモードでプレイしました。

前作『ZONE OF THE ENDERS』もPS2版・PS3版共にプレイ済みです。

硬派な作品ではありますが、操作は簡単でイージーモードもあるのでアクション初心者でも楽しめますよ!

どんなゲーム?
  • ハイスピードなロボットアクション
  • ノンストップで進行するストーリー
  • おまけ要素も多数

作品情報

製品名:ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS

対応機種:

【オリジナル版】

  • プレイステーション2

【リマスター版】

  • プレイステーション3
  • プレイステーション4
  • Windows(Steam)

※赤字は筆者がプレイしたバージョン

 

ジャンル:ハイスピードロボットアクション

発売元:コナミ

開発元:コナミ、Cygames(M∀RS)

発売日:

  • オリジナル版:2003年2月13日
  • M∀RS:2018年9月4日

 

CERO:C

PS2版との違い

ネフティス
  • 画質・グラフィックの向上
  • 難易度「VERY EASY」を追加
  • 新たなボタン配置「PRO」モードを追加
  • PSVRに対応

評価点

超爽快なハイスピードアクション!

バトルシーン

ANUBISのアクションは超爽快!!

本作ではオービタルフレームと呼ばれるロボットの中でも特に強大な力を持つジェフティを操作して戦います。

簡単操作でカッコいいアクションを繰り出すことが可能。

スピード感もかなりのもので、敵の大群をブレードで次々と斬りつけていくのは実に爽快でした!

 

基本装備品は近距離戦用のブレードと遠距離戦用のビームガンですが、サブウェポンも豊富に存在します。

  • 敵の動きを封じる「ゲイザー」
  • 敵を吹き飛ばす物理攻撃の「ガントレット」
  • 拡散エネルギー弾を放つ「ファランクス」
  • 敵のレーダーを撹乱する「デコイ」
  • 自動で敵を追尾してくれる「ホーミングミサイル」
  • 超威力の砲撃を放つ男のロマンが詰まった「ベクターキャノン」

などなど、様々な種類のサブウェポンが存在するので、多彩な攻撃が可能ですよ!

 

グラブ

さらに敵やオブジェクトを掴んで投げ飛ばしたり、盾にすることも可能!

ボス戦によってはこの掴みのテクニックが鍵となることもありますよ!

ノンストップで進行する熱いストーリー

アヌビスとの対峙

軍事要塞アーマーンを止めるために宿敵であるノウマンと決着をつけに行くストーリーは王道ながら熱い!

  • 前作主人公との戦い
  • アヌビスに対抗するためのプログラムを入手するための戦い
  • 巨大な戦艦との空中戦
  • 多くの仲間と協力して戦う荒野乱戦

などなど熱いシチュエーションが多く存在します。

プレイ時間は短いものの、1本のアニメ映画を観ているような感覚で楽しめました!

魅力的なキャラクター

ディンゴとケン

主人公のディンゴは男らしさが魅力の熱いキャラです。

仲間を守るため、宿敵との決着をつけるために戦う姿にはとても好感が持てました!

ヒロインのケンとは最初は険悪なムードなものの、徐々に絆が芽生えていくところが本作の見どころです。

ジェフティに搭載されたAIであるエイダはどこか人間臭いところがあり、AIでありながら愛着が湧きました!

 

宿敵であるノウマンは力に取り憑かれたキャラです。

その邪悪さや愛機アヌビスの強大さはかなりのもの!

ストーリーを進めていけば倒してやりたいと思うことでしょう!

ハイクオリティなグラフィックとアニメーション

ジェフティ

グラフィックは元がPS2のゲームとしてはかなりハイレベル!

オービタルフレームは新川洋司さんのデザインを忠実に再現しています。

エフェクトや破壊表現もド派手ですよ!

フレームレートも60fpsなので、動きはとても滑らか!

 

PS4版ではさらなるグラフィック強化が行われ、よりくっきりしたグラフィックに進化しました!

PS4proでは4K画質で楽しめますよ!

 

ノウマンとの対峙

GONZOが制作したアニメムービーもPS2版発売当時としてはなかなかのクオリティ!

本作は人間キャラが出るシーンは全てアニメムービーで進行します。

ハイクオリティなBGMと印象的な主題歌

ザカート戦

ANUBISはBGMもかなりのクオリティ!

オーケストラ調の曲からテクノ調の曲などバラエティ豊かなサウンドが物語を盛り上げてくれますよ♪

 

特に主題歌の「Beyond the Bounds」はその独特なメロディと力強い歌声に惹かれた方も多いはず!

超絶技巧のヴァイオリン演奏にも驚かされました!

本作のBGMはこの曲のフレーズの一部を使用している曲がいくつか存在します。

おまけモードも多数

対戦モード

クリア後は終盤の強化されたジェフティを使って最初からプレイすることが可能です。

サブウェポンも最初から全て使用可能。

ただし、強化されている分とあるボス戦は逆に難易度が上がりますけどね。

 

他にも

  • 作中に登場したオービタルフレームを使用できる対戦モード
  • バトルを楽しめるエクストラミッション
  • オービタルフレームを鑑賞できるモデルビュワー
  • 一度見たムービーを鑑賞できるシネマティックシアター

などが存在します。

本編をクリアしたらこれらを楽しむのもアリでしょう!

PS4版はPSVRに対応

VRゲーム

僕はPSVRを持っていないのであまり語れないのですが、PS4版はPSVRにも対応しています。

一人称視点で臨場感あるバトルを味わえそうですね!



不満点&気になったところ

制限がかかるステージが面倒

罠だらけの荒野

本作には移動やサブウェポンなどに制限がかかるステージがあります。

特にトラップを回避するためにケンの指示に従いながら移動するステージは正直面倒でした。

こういったステージはなくして、その分バトルをさせてほしかったです。

 

また、終盤でサブウェポンがほとんど使えなくなるボス戦があります。

多彩な戦い方ができるのが本作の魅力なのに、戦い方を強制させられてしまう点はどうかと思いました。

ボリュームが少なめなのは人によっては気になるかも

ゲームに熱中

ANUBISはボリューム自体は少なめで、普通にプレイしていれば6時間ほどでクリア可能です。

ボリュームを重視する方には物足りなく感じるかもしれません。

個人的にはサクッとプレイできて良いと思ってますけどね!

物足りないのであれば、数々のおまけモードや高難度モードでのプレイに挑戦してみるのも悪くないでしょう。

まとめ

ケン はいだらー!
こんな人にオススメ!
  • 爽快なアクションゲームをプレイしたい
  • ロボット好き
  • サクッとプレイしたい
こんな人には合わないかも…。
  • ゲームにボリュームを求めている

ANUBISは簡単操作で爽快なアクション、ハイクオリティなグラフィックとBGM、熱いキャラとストーリーなどなど、どれを取っても一級品!

ボリューム自体は少なめですが、その分気軽にプレイできる点も気に入りました。

ロボット好きなら満足できること間違いなし!

アクション初心者から上級者まで楽しめるので、多くの方にプレイしていただきたいです!

 

プレイ時間:6時間

個人的評価:S

 

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント

 



ABOUTこの記事をかいた人

ゲームブログ「ゲーム戦士の足跡」管理人。 仕事中もゲームとブログのことばかり考えているヌルゲーマー。 好きなゲームのジャンルはRPG、アクション、アドベンチャー。 萌え系の作品も硬派な作品も子ども向けの作品も好きです! ゲーム以外の趣味はアニメ観賞と読書。たまに絵も描きます!